なんとかここまで来た

baby
さて、紆余曲折を経てライブドアに辿りつき、6月下旬から開いたこのブログですが、その後も、安倍がクリントンに会いに行ったショックで、やめようかと思ったり、しかし、意外にもトランプが勝ってくれて、それならまだ、やる意味があると思い、今のところ、まだ、なんとか続いています。
最近では、そこそこに拍手ももらえるようになってきて、激励のコメントもいただいており、さらに、SNSでシェアをしてくださる方も出て来て、アクセス数も、だいぶ増えてきました。
まあ、ブログとしては、いちおう、軌道には乗ったかな。
現段階で、これまでに私がやってみたブログの中では、一番多くのアクセスがあります。
ただし、自分の目的から言うと、これで満足しているわけではないので、もっとがんばって、今後は、さらに大手のブログになっていきたいと、考えています。

試行錯誤の末

私は、このブログを開く前には、何年間か、試行錯誤の時期がありましたし、「ネットを利用して、平和のために何かをするには、どういう方法が一番いいんだろう」とか、自分に向いている方法を、模索してきました。あれこれとやっていましたし、失敗の連続で、他人には迷惑をかけ、恥もかきまくりました。
結果的に、「こういう方法」がいいのではないかと、それでやってみたのが、このブログでした。
まあ、双方向というものも、最初のうちは考えましたが、やっぱり、それは私には向いていない。
そのほうが効果が見込めるという人や、ちゃんとやれるという人もおられますが、そして、実際に、私も、やっていたこともあるけれど、私の場合には、双方向をやると、気が散ってしまって、結局は、発信のほうに専念ができなくなるので、やはり、今のような形を続けるのがいいのではないかと、当面は、そう思っています。

危険物でなければ意味がない

ブログの目的から言って、実は危険物なんですが笑、読んでいる人は、危険物だということに気がつかないうちに、私に洗脳されている、万が一、「洗脳されちゃったな」ということに気がついても、「されてよかった」と思う、そういうものになりたいと、そこを目指しています。
前にも書いたように、できることなら、洗脳力においては、小林よしのりを超えたいところですが、マンガでないというぶん、不利なので、なかなか、そこまで行くのは、難しいんですが。

善良な人を騙し、洗脳されている人を逆洗脳する

どこまでできるか、わかりませんが、なるべくなら、続けていって、これからも、善良な人を騙し、そしてすでに洗脳されている人たちについては、逆洗脳していきたいと思います。
そのことで、ちょっとでも、平和と正義に貢献をしたい、どこかで何かのdifferenceをmakeできたら、それでいい、そう思っていますね。