米露は、実はローマで講和会談をしていた

はい、前にも触れた、「米露の代表がローマで講和の話し合いをしているぽい件」ですが(過去記事:)。
この件は、アメリカのメディアでも、ほとんど報道されているぽくないというか、まあ今は、トランプ叩きと、それに対するトランプの支持者たちの反発、それと閣僚選びで、いっぱいいっぱいという、そういうスキを狙って、オバマがやっとると。講和を。
そういう感じではないかと思います。
日本のメディア…もちろん、まったく報道されていない。
だいたい、米露が、シリアでの代理戦争の講和をしているということは、ものすごいニュースバリューがあるはずなのに、これだけ無視されているとか笑。
どうにか報道しているのは、やっぱり、ロシア側のメディアだけなんですよね。
そして、最近も紹介したように、アメリカとEUがグルになって、ロシアのメディアはプロパガンダだから見るなと、言い出した笑。
はっきりロシア政府がやっているとわかっているものだけではなくて、トランプ支持者たちのサイトまで、「そうだ」と言って笑。見るなと笑。

ケリー×ラブロフの外相対決

ともかく、ローマで会った米露の代表たちは、いったいどういうことになったのか。 ラブロフ:ケリーはついに、ロシアの姿勢に合わせたアレッポに関する申し出をしてきた(RT誌より)

kerry
これは、12月2日(もちろん現地時間)の状況だそうですが、このメンツだったら、どう考えても「講和」の交渉ですよね。
アメリカ側は、ケリーが行っているんですし、ロシア側も、外務相のラブロフが来ているんでから、この「上」ということになると、もう、互いのトップしかいないというわけです。
だから、ナンバー2どうしのサミットなんですよ。
講和です講和、戦争を終わるということ。
だからつまり、「米露は戦争をやっておった」ということなの笑。
知りませんでしたか笑。
他人の国=シリアを、滅茶滅茶にしてさ。
みなし子や難民を量産して。
アメリカって、本当に、とんでもない、ヤクザな国ですよねえ。

「ロシア側のスタンスに合わせた申し出」の本当の意味は?

At a meeting in Rome, US Secretary of State John Kerry made suggestions on Aleppo in line with those of Russian experts, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said.

ローマでの会談で、ケリーは、アレッポについて、ロシアの専門家の主張に合わせた示唆をしたと、ロシア外相のラブロフは述べた。

Russia is ready to immediately send military officials and diplomats to Geneva to work out a joint plan of action for Aleppo in line with US proposals, Lavrov said, as quoted by Russian news agencies.

ロシアは、ただちに軍事当局者や外交官をジュネーブに送って、アレッポについてのアメリカの申し出に沿った合同プランを作成する用意があると、ラブロフは述べた。

“Moscow is ready to immediately send our military experts and diplomats to Geneva to work out joint actions with our US colleagues in line with the [new] American proposals, which would ensure the withdrawal of all militants without exception from eastern Aleppo, and would provide unimpeded humanitarian supplies to the city’s residents and ensure the establishment of normal life in eastern Aleppo,” Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Saturday.

「ロシア政府は、ただちに軍事当局者や外交官をジュネーブに送って、すべての民兵を、例外なく東アレッポから立ち退かせ、市民にとどこおりなく人道支援物資を届けさせ、東アレッポの市民に通常の生活を保証するという、アレッポについてのアメリカの新しい申し出に沿った合同プランを作成する用意がある」と、ロシア外相のラブロフは、土曜日に述べた。

(訳者註:ちなみに、この記事は12月5日付の記事なので、その前の土曜日の話となる)
これだと、「邪魔をしていたのは、アルヌスラだった」ということを「認めた」ということじゃん。
「新しい」だって。
「ロシア側のスタンスに合わせた申し出」ってことは?
実は、この前日までは、アメリカは粘っていたらしい。

金曜日までは粘っていた

Until Friday, the United States had been doing its best to try to “push provisions that would take the heat off Al-Nusra, which directs the militants in the unliberated parts of eastern Aleppo,” Lavrov noted, while adding, “however, yesterday at our meeting in Rome, John Kerry passed on to us proposals from Washington that are in line with the suggestions from Russia’s experts.”

金曜日までは、アメリカは、「アルヌスラをなだめるための見直しに全力を尽くしていた」「アルヌスラは、東アレッポの未開放地域を指揮していた」と言っていたと、ラブロフは述べた。
「ともかく、昨日のわれわれの会談では、ケリーは、ロシアの専門家に合わせるという申し出をしてきた」

“It must not be a meeting for the sake of a meeting,” Lavrov added. “It is necessary to agree on a detailed timeline of steps.”

「会談のための会談になってはならない」とラブロフは付け加えた。
「タイムラインのステップに沿った合意ができなければならない」
…しかし、アルヌスラは、テロリストだったんじゃないんですか。
だから「殺せ」と、オバマが命令をしたばかりでしょ。
この流れだと、とにかく、アルヌスラをだいたい殺したから、オバマが「もう講和しちゃっていい」と、言ったんだね(過去記事:)。
恐ろしい男だわ。オバマって。
Barack Obama
そういう男が、「白人に差別をされて…つらかった…」とか、冗談も休み休み言えと、思いますよね(過去記事:)。

「ロシア側に合わせる」とは、どういう意味かというと

…つまり、これまでアメリカが、EUと一緒になってロシアとシリアが悪いと言ってきたことを、撤回したということですよね。
「アルヌスラが悪いと言って、それのせいにした」んでしょ、それらは、もうだいたい殺したから、口なしだから。
つまり。
「民間人を空爆しておる」とか、「人道支援物資の車を攻撃しておる」とか、「テロリストを支援しておる」というふうに、言ってたわけですよ。
そういうことは、「対ISIS連合軍という名前の、アサド政権打倒軍」は、「してない」と言い張っていた。
しかし。
アルヌスラを支援してきたのは、アメリカ。
どう考えても、アメリカとEUの主張は、変だった。
まるで、「自分たちがやってることを、全部ロシアとシリアのせいにしていた」みたいな。
で、「ウソでした」ということを、認めたのか?
ケリーが?
で、自国民には、内緒にしておこうと笑。
とんでもない政権ですねえ、オバマ政権というのは。
とっとと話をつけてしまって、それで、トランプ政権になっても、この件では追及されないようにしたいと。
ということはですよ、トランプが勝っていなかったら、今回の講和なんか、まだやっていませんよ。
まだ戦争をやってた、たぶん。

人でなしのオバマ政権、そして、「核兵器を握った病人」イスラエルの動向は

まあ、シリア内戦の件は、本当に、滅茶苦茶としか言いようがないというか、オバマの責任ですよ。最終的には。
こんな人が、ノーベルで平和賞だとか、もう、笑い話にもならないと、私は思う。
私は、オバマは、ICCで「人道に対する罪」でもって、裁かれるべきだと、心から思いますね。
ISISを空爆していただけ、じゃないのよ。
もともと、そっちは「ついで」であって、実はイスラエルに泣きつかれたから、どうしてもアサドを倒そうとしていただけ。
アサドを倒さないと、また核兵器を持つかもしれないから、怖くて眠れないから、どうしても倒してくれと、泣かれたから。
そうだ、イスラエルには、どう説明したんだろ。
…あそこは、「頭の病気」ですから、アメリカが勝手に講和をやってしまっても、大丈夫なんだろうか。
あそこは核兵器も持っているし…というかですよ、「病人に刃物を持たせない」というのは、当然のことなのに、イスラエルが核兵器を持っているというのは、金正恩が持っているよりも、もっと危険だと、私は思うんですが、どうでしょう。どっちがより危険なのか。