欧州からもトランプ叩き

さて、アメリカ国内でも、絶頂に達しているトランプ叩きなんですが、実はヨーロッパでもそうだった。
Trump Putin
欧州の引退政治家たちが、連名で、1月9日付でトランプ宛てに手紙を送っていたそうです。 全部で17人いるみたい。
その手紙は、ワシントンポストで公開されているらしい。
Letter_to_Trump.pdf
European allies to Trump: Putin does not want to make America great again - The Washington Post
The letter was signed by one sitting European leader, Bulgarian President Rosen Plevneliev, and several former heads of government and foreign ministers, including former Romanian president Traian Băsescu, former Estonian president Toomas Hendrik Ilves, former Latvian president Vaira Vīķe-Freiberga, and former Swedish prime minister and foreign minister Carl Bildt.

手紙の署名者には、現職の欧州指導者、ブルガリア大統領のRosen Plevneliev、そして、元ルーマニア大統領のTraian Băsescuを含む数人の元政府代表や外相たち、元エストニア大統領のToomas Hendrik Ilves、元ラトビア大統領のVaira Vīķe-Freiberga、そして元スウェーデン首相で元外相のCarl Bildtを含む。
Sputnik誌によりますと…要旨はおおむね
  • ロシアと仲良くするな。
  • ロシアと交渉して、妥協したりするな。
  • プーチンはアメリカの味方じゃない。
  • ロシアへの経済制裁をやめるな。
  • もしもロシアと仲良くしたら、欧州の同盟国の信頼を失って、アメリカの威信は傷つけられる。
欧州の政治家が、どんだけロシアが嫌いかということが、よーくわかる。
だいたい、就任もしていない相手に、いきなり「ロシアと仲良くしたら、許さないぞ」とかいう手紙を、みんなで送るとか笑、異常な事態ですよね。
欧州は、ウクライナの件がありますし、ロシアとは地面がつながっていますから、そういうのがある。
「これまでどおりに言うことを聞いてほしいなら、絶対にロシアと仲良くしてはいけない」と。
The letter to the President-elect, obtained and published by the Washington Post, urged Trump not to risk the "peace, predictability and security" gained "through our victory in the Cold War" by making overtures to Russia. "The prospect of a new grand bargain with Russia" would "endanger this historic achievement," the letter claimed.

大統領予定者のトランプへの手紙は、ワシントンポストで公開されているが、トランプに対し、ロシアに譲歩をすることによって、「冷戦によってわれわれが勝ち取った平和と予測性と安全」を危険に晒すなと促している。
「ロシアとの新たな大幅な妥協」は、「この歴史的偉業」を危険に晒すとしている。
冷戦によって「勝ち取ったもの」って…。
そういう「感覚」なのかなあ。
"Have no doubt: Vladimir Putin is not America's ally," the letter said. If the US and Russia committed to a rapprochement, Washington's credibility with its European allies would be "shaken," and "the alliances that are the true source of American greatness would erode."

「プーチンは、アメリカの味方ではないということは間違いない」と手紙は言っている。
もしもアメリカとロシアが接近したら、アメリカ政府の欧州同盟国に対する信用は「揺らぎ」、そして「アメリカの威信の真の源である欧州との同盟は、傷つくだろう」と。

欧州のロシアアレルギー

まーすごい、パラノイアックというか、ロシアは絶対ダメ、自分たちだけじゃなく、アメリカが仲良くするのもダメと。
アメリカが、ロシアと何をしようが、それは勝手というか、こういうのは、内政干渉でしょうが、もう「なりふり構わない」という感じが大。

ドイツ人はなぜトランプを嫌うのか

そういえば、今週は、ドイツのDW誌なんかでも、トランプサゲの記事が2つくらい立て続けに出ていました。
ドイツ人をからかうのは、けっこう面白いので、私は、こういうふうに言ったんですが。
ドイツ人は、変だ。
あなたたちが、トランプを嫌がるのは、どうしてなの?
彼が、あなたたちに、いったい何をしたというの。
または、あなたたちの大好きなムッティさんが、気に入らないようだと、あなたたちも、特定のアメリカ人を嫌わないといけないということなの?
そしたら、なぜだか、「いいね」が2つついていましたが笑。
特にレスはないですね。