キルギスタンでトルコの航空機が墜落

さて、いろいろありすぎるトルコですが、今度は航空機事故…。
トルコの航空会社で、貨物輸送が専門らしいですが、ACT Airlinesという会社のボーイング747機が、原因不明の墜落。
香港から、キルギスタンを経由して、イスタンブールへ向かっている途中で、墜落した場所は、キルギスタンの首都近くのマナス空港で、そこでの着陸に失敗したと見られていますが、今のところ、テロという情報はなく、悪天候とか、濃霧のせいではないかと言われています。
死亡者は、37名に上ると言う。31名分の遺体と、遺体の「部分」が、9つ見つかっているとか。
act
位置関係
map
こりゃ、大変なことに…。

地元民にも死傷者が

墜落したのは、現地の朝7時半ころだったということで、地元のDacha-Suu村を直撃してしまったんだそうです。
それで、村には、大被害が出ているらしい。17家屋が全壊したとか。
亡くなった人もいるようですが、詳細はまだ不明。
キルギスタン政府側は、パイロットのミスだと責めている模様。
中国を訪問中だったキルギスタン大統領は、キャンセルして引き返したとか。
Kyrgyzstan blames pilot error for Turkish cargo plane hitting village - ASIA

確かに、霧は濃そう
act2
これはまた…トルコにとっては、大変な事態ですね。
戦争をやっていて、テロもあって、憲法改正で議会は大モメで、押し寄せた難民の世話、EUとはケンカをしていて、キプロスの面倒を見つつ、シリアやイラクとの国境に壁を建設しつつ、クルド人叩きにも忙しいと。
そんな中、よその国に飛行機が落ちて、地元に大損害を与えてしまった…。
まートルコは、本当にいろいろあると思います。