世紀の就任式

parade
さて、小ネタから行きますと。

リンカーン大統領を意識

天気にはイマイチ恵まれませんでしたが、第45代アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプの就任式では、宣誓の際に、2冊の聖書が使われたとか。
Instead, it was Trump placing his hand on two Bibles, one used by his family and another used for President Abraham Lincoln’s inauguration. At 70, Trump is the oldest person to be sworn in as president, marking a generational step backward after two terms for Obama, one of the youngest presidents to serve as commander in chief.

(要約)
ひとつは家族が使った聖書、ひとつはリンカーン大統領が就任式で使った聖書
bible
なるほど、写真では、2冊ありますが、どっちがどっちなのかは、よくわかりませんが。
前にも触れたんですが(過去記事:)、トランプは、選挙戦を折り返したゲティスバーグでの演説会で、リンカーンの例を出したんですね。
そして、宣誓では、リンカーン由来の聖書を使うと、まあ、やはりリンカーンを意識しているということなんでしょう。
国が2つに割れてしまったときに、後始末をした大統領、と。
付け加えれば、大統領としての仕事をちゃんとやりますということを、「聖書」に誓うなんていうのは、そこの国が、「政教分離をしていない」という証拠で、「原始的な国である」ということにほかならないんですが笑、だから私は前から、おかしいと思っているんですが、そういうことについても、われわれとしては、どっかで考えておいたほうがいいと思いますね。
アメリカというのは、そもそも「変な国」で、原始的なんだ、ということを。

一世一代のスピーチ

innauguration
Breitbart誌に、内容の書き下しが載っていましたので、ちょっと見て行きたいと思います。
最初のほうの、儀礼的な部分は割愛されていますが、たぶん、途中からは全文だと思います。
トランプの場合は、大メディアの報道は、非常に歪められていますので、本人が、どういう言葉を使って、どういう表情で、何を言ったかということを、直接見て行かないと。

革命宣言

We, the citizens of America, are now joined in a great national effort to rebuild our country and restore its promise for all of our people. Together, we will determine the course of America and the world for many, many years to come. We will face challenges. We will confront hardships. But we will get the job done. Every four years we gather on these steps to carry out the orderly and peaceful transfer of power. And we are grateful to President Obama and first lady Michelle Obama for their gracious aid throughout this transition. They have been magnificent. Thank you.

われわれ、アメリカ国民は今、国を建て直し、(国の)国民への約束を復活させるための偉大な事業に参加した。
共に、アメリカと、世界の、この先の長い長い年月のための方向性を決断しよう。
われわれには、困難が待ち受けている。
つらいこともあるだろう。
しかしわれわれは、やり遂げるだろう。
4年ごとに、われわれは集まって、このような、秩序立って平和的な権力の委譲を経験する。
そしてわれわれは、オバマ大統領と大統領夫人のミシェルの、権力の移行への協力に感謝する。
彼らは立派だ。
ありがとう。
ふむ、ここまでは、「フツー」な感じ。
Today’s ceremony, however, has a very special meaning because today we are not merely transferring power from one administration to another or from one party to another, but we are transferring power from Washington, D.C., and giving it back to you, the people. For too long, a small group in our nation’s capital has reaped the rewards of government while the people have bore the cost. Washington flourished, but the people did not share in its wealth. Politicians prospered but the jobs left and the factories closed. The establishment protected itself, but not the citizens of our country. Their victories have not been your victories. Their triumphs have not been your triumphs. And while they celebrated in our nation’s capital, there was little to celebrate for struggling families all across our land. That all changes starting right here and right now, because this moment is your moment. It belongs to you. It belongs to everyone gathered here today and everyone watching all across America. This is your day. This is your celebration. And this, the United States of America, is your country. What truly matters is not which party controls our government, but whether our government is controlled by the people. January 20th, 2017, will be remembered as the day the people became the rulers of this nation again.
就任式のスピーチについては、どこかに和訳が発表されているはずなので、ここでは私が全文を訳すということはしませんが、気がついたところを拾っていきます。
「単に政権が変わったとか、政権党が変わったということではなく、政府から権力をもぎとって、国民に返すということだ」
ここらへんは、まあ、選挙戦と同じですね。
だから、自分に投票した人たちに、当選しても、大統領になっても、選挙戦で自分が訴えたことは変わらないと言っている。
「長い間、小数のグループが政府を仕切って、政府の利益を吸っていた、国民はコストを負担させられただけ」
「支配階級は自分たちを守ったが、国民は守ってくれなかった、彼らの勝利は、君たちの勝利ではなかった」
「なぜならこの瞬間は、君たちのものだからだ。これは君たちのものだ。今日は君たちのための日だ、この祝いは、君たちのための祝いだ」
「アメリカは君たちの国だ」
「本当に問題なのは、どっちの党が政権を担当するかではなく、政府が国民にコントロールされているかどうかということなのだ」
「2017年1月20日は、国民が再びこの国の支配者になった日として、記憶されるだろう」
要するに、「革命宣言」のような感じですね。
「単なる大統領の交代」じゃないんだ、と。
そして、たぶん「リンカーンのころに戻ろう」と言っているわけで、それは「人民の、人民による、人民のための」という、その精神ですね。
リンカーン由来の聖書を使ったように、「そこに戻ろう」と言っている。
ふむ、言葉の使い方なんかを見ても、なかなか素晴らしい、そして心のこもった原稿だと思いますね。
難しい単語を使わず、ややこしい、もってまわった表現を使わない、核心をずばっと言う、それは選挙戦のときから同じです。
誰が原稿を書いているのか知りませんが、その人はたぶん、「インテリぶりたい」とか、「政治界隈で内輪ウケをしたい」という気持ちの薄い人ですね。
バノンが書いているのかどうかは、知りませんが、トランプの演説というのは、オバマのスピーチよりは、はるかにわかりやすく、まともなんですね。誰でもわかる、と。

もう誰も見捨てられることはない

The forgotten men and women of our country will be forgotten no longer. Everyone is listening to you now. You came by the tens of millions to become part of a historic movement, the likes of which the world has never seen before. At the center of this movement is a crucial conviction that a nation exists to serve its citizens. Americans want great schools for their children, safe neighborhoods for their families and good jobs for themselves. These are just and reasonable demands of righteous people and a righteous public. But for too many of our citizens, a different reality exists. Mothers and children trapped in poverty in our inner cities, rusted out factories scattered like tombstones across the landscape of our nation. An education system flush with cash but which leaves our young and beautiful students deprived of all knowledge. And the crime and the gangs and the drugs that have stolen too many lives and robbed our country of so much unrealized potential. This American carnage stops right here and stops right now. We are one nation, and their pain is our pain. Their dreams are our dreams, and their success will be our success. We share one heart, one home and one glorious destiny. The oath of office I take today is an oath of allegiance to all Americans.
選挙戦の時と同じ、現在のアメリカが荒れ果てていると。
「国は、国民に奉仕するためにある」
分裂した国を意識して、「ひとつの国」を強調しています。
自分の大統領としての宣誓は、すべてのアメリカ人への忠誠であるとしています。
ここらへんも、当選直後のビデオメッセージと同じです。

国民のために尽くす

For many decades we’ve enriched foreign industry at the expense of American industry, subsidized the armies of other countries while allowing for the very sad depletion of our military. We’ve defended other nations’ borders while refusing to defend our own. And we’ve spent trillions and trillions of dollars overseas while America’s infrastructure has fallen into disrepair and decay. We’ve made other countries rich while the wealth, strength and confidence of our country has dissipated over the horizon. One by one, the factories shuttered and left our shores with not even a thought about the millions and millions of American workers that were left behind. The wealth of our middle class has been ripped from their homes and then redistributed all across the world. But that is the past, and now we are looking only to the future. We assembled here today are issuing a new decree to be heard in every city, in every foreign capital and in every hall of power. From this day forward, a new vision will govern our land. From this day forward, it’s going to be only America first, America first. Every decision on trade, on taxes, on immigration, on foreign affairs will be made to benefit American workers and American families. We must protect our borders from the ravages of other countries making our product, stealing our companies and destroying our jobs. Protection will lead to great prosperity and strength. I will fight for you with every breath in my body, and I will never ever let you down.
「アメリカの税金を使って、よその国の企業を富ませたり、よその国の軍隊を増強したり、よその国の国境を守ってきた」
「なのに、自分のところは置き去りで、ひどい有様だ」
ふむ、アメリカの大統領が、こういうことを言うという場合には、それは、一番にはイスラエルを指していますね。
どう考えても、そう。次にはサウジアラビア。
そして、「そういうことは、もう終わりにする」と言って、「ほかのすべての国(in every foreign capital and in every hall of power)にも、そのように宣言する」と言っているんですね。
「外国よ、よく聞いとけ、ウチがグレートになるまでは、もう金も人も出さない」と。
だから、トランプが「単なる親イスラエル」というふうに見るのは、やはり、間違い。
矛盾してしまいますね。
アメリカが、自分の国を犠牲にしても金や軍を出してきたのは、まずはイスラエル、次にサウジ。
そしてトランプは、公約では、外国のロビー活動を厳しく制限するとしていました。
こういう状態で、どうして「トランプは大親イスラエルだ」と、言えるのか。
だから、親イスラエルに見えるようなこともやっていますし、これからもやるでしょうが、それと、彼の政策は、矛盾しているんですね。
両立はできません。
どっちを優先するつもりなのか、私の見方を言えば、「病人のイスラエルを発狂させないように、エサをやりながら、なんとか自分の方向性へ持って行く」という、そういうことではないのかと。

I will fight for you with every breath in my body, and I will never ever let you down. とか、ここらへんはまあ、自分で書いたセリフなのか、知りませんが、ずいぶんと「アツい」し、映画のセリフのようですね。
「全力を尽くして君たちのために戦い、絶対にがっかりさせない」と。
まーアメリカの大統領というのは、これくらいにアツくないと、いけないかもしれず、これと同じことを、日本の首相が言うと、ドン引きされる、まあそれが「文化の違い」というものです。
ただまあ、ここらへんまでを通して、トランプの方向性は、だいたい「ドゥテルテ」と同じなんですね。
自分の国民に尽くすと、国民に忠誠を誓うと、自分の国が第一だ、もうほかの国の犠牲にはならないぞ、と。

外交方針

We will bring back our wealth, and we will bring back our dreams. We will build new roads and highways and bridges and airports and tunnels and railways all across our wonderful nation. We will get our people off of welfare and back to work, rebuilding our country with American hands and American labor. We will follow two simple rules: Buy American and hire American. We will seek friendship and goodwill with the nations of the world, but we do so with the understanding that it is the right of all nations to put their own interests first. We do not seek to impose our way of life on anyone, but rather to let it shine as an example. We will shine for everyone to follow. We will re-enforce old alliances and form new ones and unite the civilized world against radical Islamic terrorism, which we will eradicate completely from the face of the earth. At the bedrock of our politics will be a total allegiance to the United States of America, and through our loyalty to our country we will rediscover our loyalty to each other.
「アメリカ人を雇い、アメリカの製品を買え」
「われわれのやりかたをほかの国に押し付けるつもりはない、お手本として輝けばいいんだ」
これはだいぶ、アメリカの方向性としては、変わってきたというべきです。
これまでずっと、「オレたちと同じになれ」「オレたちのコピーになれ」というのが、アメリカという国だったから、です。
トランプは、外国が、アメリカのコピーにならなくていいと言っている。
本当に、それで、アメリカ国民が「いい」と言うのか、ここらへんは、実はかなりの「方針転換」だと思うんですが、けっこう見過ごされがち。
そして、「ほかの国も、みんな、自分の国益だけを追求していると思って、付き合う」と言っているんですから、日本にとっては、「これを出したらいい」ということがありますね。
「アンタ、就任式でそう言ったでしょ」と。
だから、こっちの都合をガンガン言ったらいいのよ。
「アンタがそう言っているんだから、そうする」と。
このパートでは、最後のほうで、「国への忠誠」を強調しているあたりは、ちょっと危ない感じもしなくはありません。

「団結」「神に守られている」

We must speak our minds openly, debate our disagreements honestly, but always pursue solidarity. When America is united, America is totally unstoppable. There should be no fear. We are protected and we will always be protected. We will be protected by the great men and women of our military and law enforcement. And most importantly, we will be protected by God. Finally, we must think big and dream even bigger. In America, we understand that a nation is only living as long as it is striving. We will no longer accept politicians who are all talk and no action, constantly complaining but never doing anything about it.
ざっくばらんに話し合え、しかし団結が肝心だと。
恐れるな、君たちは軍と法執行機関に守られているし、最終的には神に守られていると笑。
あー、やっぱりね。
ここで、「神とは無関係な人」を除外してしまっていますね笑。
「アメリカは神の国」だと、言ってしまったというかまあ、日本にも、そういうおかしな首相はいましたが。
まー、この人の場合は、「神とものすごく関係のある人たち」からの投票で、大統領になったと思っているので、仕方がない。
実際に、そうだから。

「檄」「喝」

No challenge can match the heart and fight and spirit of America. We will not fail. Our country will thrive and prosper again. We stand at the birth of a new millennium, ready to unlock the mysteries of space, to free the earth from the miseries of disease, and to harness the energies, industries and technologies of tomorrow. A new national pride will stir ourselves, lift our sights and heal our divisions. It’s time to remember that old wisdom our soldiers will never forget, that whether we are black or brown or white, we all bleed the same red blood of patriots. We all enjoy the same glorious freedoms and we all salute the same great American flag. And whether a child is born in the urban sprawl of Detroit or the windswept plains of Nebraska, they look up at the same night sky, they fill their heart with the same dreams and they are infused with the breath of life by the same almighty creator.”
ここのパートは、なんというか、アメリカのフットボールコーチが、試合前に、選手に檄を飛ばし、尻を叩いているかのような、まさにそういう感じがするんですよね。
「アメリカ魂」は、向かうところ敵なしだ、と笑。
肌の色には関係なく、みんな赤い血を持っていると。
最後はやはり、「almighty creator=神」で締めくくっている笑。
だから、アメリカ国民で、仏教徒の人とかは、どうするんですか、と笑。
まっ、それは、アメリカ人が考えたらいいけど。

70点くらいかな

「神色」がけっこう濃くなったということはありますが、全体的には、まあまあの出来ではないかと、思いますね。
だいたいが、演説というのは、「インテリと思われたい」とか、そういうふうに思って書いたら、絶対にダメなんですね。
スピーチというのは、「ライブ」だから。
アメリカで一番有名な演説というのは、たぶん、マーチン・ルーサー・キングの「I have a dream」でしょう。
あれなんかは、まったくもって、簡単な言葉だけで構成されていて、ややこしいことには、ぜんぜんなっていない。
ああいうスピーチこそが、一番人の心に訴えて、長く記憶に残ると、そういうことなんですね。