シリアのキリスト教徒が心配なアメリカ人

小ネタですが、ちょっと参考になるかなと、思ったので。記録。
先日触れた「ガバードがシリアに行った件」なんですが(過去記事:)、トランプ支持者のサイトで、「シリアの地元民は、穏健な反政府勢力なんていないと言っていると、ガバードが言ってるわよ。とにかく、シリアの人たちの意思のほうが優先するんだから、アメリカ人の都合のほうが優先するということはない」というふうに言ったら、こんなレスをもらいました。
Many others have concurred with Tulsi Gabbard's assessment. I am just sick that Trump is following the lead of John McCain instead of listening to Gabbard and Kucinik. We need a secular government there since Assad is not against Christianity. If they turn Syria into a Sunni-ruled country, the Christians will be killed. It's all because of that Saudi-Qatari pipeline, I guess---the one Assad won't let them build. This is not in Russia's interests. It's going to be hard to be on good terms with Russia unless we let Assad stay in power.

多くの人が、タルシ(ガバード)の調査結果に賛成していると思う。
私はただ、トランプが、ガバードやKucinikの話を聞かないで、マッケインの言うとおりにしていることに我慢がならないんだ。
アサドがキリスト教を弾圧していない以上、われわれは、(シリアに)世俗的政府(政教一致政府の反対の意味)が必要なんだ。
もしもシリアが、イスラム教スンニ派の支配する国になってしまったら、(シリアの)キリスト教徒が殺されてしまう。
これは、たぶん…アサドが許可したがらないサウジ・カタールパイプラインのせいなんだ。
それ(ガスパイプライン)は、ロシアの利益にそぐわないからね。
われわれ(アメリカが)アサドを承認しない限り、ロシアとうまくやっていくのは、難しいだろう。
けっこうわかりにくいと思うので、かなりの注釈を入れましたが。
この人は、何を言っているのか。
パイプラインの件は、わかるんですが、セキュラー(それほど厳格な政教一致ではないという意味)かどうかとか、スンニ派がとか。
この人は、本当は、アサドを倒したいと思っている人…だろうと、思いますね。
だから、「アサドを倒さない理由を探すのが大変」と、そういう感じ。
その理由を、第一には「シリアのキリスト教徒を守るため」ということにしている。
自分がキリスト教徒だから。
しかし、アサドは好ましくないんですよ。アサドが、ほかのイスラム教国の政府のように、キリスト教徒を弾圧しなくても、やっぱり、アサドは嫌なんでしょうね。
アサドは、親米じゃないから、それだけでも嫌だし、それだけじゃなくて、親露ですから。
本当は、倒したいんです。
でも、いろいろ事情があって、なかなか倒せない。
だから、こうやって、ぐじゃぐじゃ言ってる、私には、そういうふうに思えますね。
assad

アメリカのキリスト教徒は、こういうのが普通

だいたいわかったかと思いますが、日本では、「こういうものの考えかたをする人」というのは、ほぼ、いませんよね。
「あそこの国の仏教徒が心配だ」とか。「なんとかして、助けてやらないと」とか。
前から言っているように、アメリカというのは、政教一致の原始的な国なんです。
アメリカの保守派つまり、けっこうヘビーなキリスト教徒の人たちというのは、ごく普通に、こういうものの見方をするんです。
どういうって、それは「ほかの国のキリスト教徒は、すべて、仲間だから、何を置いても守ってやらなければ」ですよ。
だからこそ、シリアみたいな、アメリカとは無関係そうに見える国に、おせっかいをするとか、シリア人の運命を決める権利があると思っている。
シリアの人にしてみれば、とんでもない迷惑な話なわけですが。
これは、逆のことも言えるわけです。
「キリスト教徒でないなら、何をされようが、別に関係ない」
これが、特に日本などには、適用されているというふうに、見るべきなんですよ。
根本的な人種差別というものは、あり、それと、「宗教差別」というものが、混然一体となっているというふうに、見るべき。
それは、日本に原爆を落としたこともそうですが、いっぽう、ほかの「アジア人の国」よりも、日本のほうがもっと差別されているという場合には、それはいったい、なぜなのか?
韓国では、住宅の上をオスプレイが飛んでいないのは、敗戦国ではないから、罰を与える必要がないというだけではなくて、キリスト教徒が多いかどうかということも、関係している。
と、私は思う。

私は、このレスに対して、「面白いことを言うわね。あなたが、キリスト教徒の命を、ほかの人たちの命よりも大事に思うのは、いったいどうしてなのか、教えてくれる?」と聞いてみたら、やっぱり、気分を害したようで、無視されました。
こういう質問をすると、まともな答えが返ってくるということは、まず、ありませんね。