この時期に、なぜか出てきたオバマ

「オバマ」と聞いただけで、ぷっと笑ってしまうくらいに、最近では「無視されている」あの人なんですが…人一倍「自分大好き」なあの人は、やはり、「注目されないこと」には、そんなに長いこと耐えられなかったみたいです。
obama
Obama Injects Himself Into French Election - Cortney O'Brien
(オバマが自分からフランスの選挙に介入)

えーと、この記事によりますと、オバマが、何を思ったか、フランス大統領選の候補者の1人に、直接電話をかけたというんですね。
…ぷっ。
確か、1回目の投票は、23日というからあさってあたり。
このギリギリの時期に、「プログレッシブ(進歩派)の仲間」という口実で、マクロンに電話をしたらしい。
マクロンというのは…たぶん、本命ではなく、2番手でもないのでは…。
今のところ、フィヨンが強いと言われているようですが。
ともかく、電話をもらったマクロン本人が、ツイートをしたことで、オバマホンがあったことが、発覚したようです。
Macron said Obama wanted to exchange views about the French presidential campaign and that the ex-president had stressed how important the relationship between the two countries was.

マクロンによれば、オバマは、フランス大統領選についての意見を交わしたかったと言う、そして、オバマは、米仏関係の重要さについて、強調したという。

"Emmanuel Macron warmly thanked Barack Obama for his friendly call," Macron's party "En Marche!" said in a statement.

「エマニュエル・マクロンは、バラク・オバマのフレンドリーな電話に暖かく感謝した」と、マクロンの所属する前進党は述べた。
…というか、オバマは、欧州では、ものすごく人気がない。
去年も、イギリスをEUに残そうとして、わざわざイギリスに行って、「残れ」とアピったけど、ガン無視をされ、イギリスはあえなく離脱。
ドイツとかでは、オバマカエレデモをされていたという。
…なのに、性懲りもなく、今度はフランスの選挙に首を突っ込むとか。
というか、オバマって、「他人の選挙の応援には弱い」んじゃ?
ヒラリー・クリントンが落選したのは、「オバマが応援したから」というのがかなりあると、まじめに思われているくらいなんですよね。
…もしかして、選挙に出る人にとっては、疫病神みたいな、「縁起が悪いから、応援しないでくれ」的な。

注目されないと耐えられない病

まああれですよね、大統領を辞めてから、あまりにも注目されていないので、ここらでちょっと、自分のことも思い出してほしい、みたいな、そういうアレだと思うんだけど。
この人、自己愛性人格障害だと言われているので、無視されると、つらいと思うんですよね。

それにしても、フランスは、選挙直前になってテロが起こってしまうとか、それがル・ペンにとっては追い風だとか、ル・ペンがテロを追い風に利用しているというほかの候補者からの苦情が出たりとか、なんかまあ、重大な選挙の前だというのに、落ち着かない感じですね。