脱ガラパゴス~海外ニュースななめ読み~

わりとレアな海外ニュース(英語)を、独断と偏見でピックアップ。
固い話から柔らかい話まで、独自の視点で、なるべくわかりやすく紹介。

*********たまに更新中*********

2016年09月

ISISから恐れられているゴッドマザー イラクの母、復讐のために、テロリストの首を切って料理する(Alalam誌より) イラクには、すごい女性がいるそうなんで、びっくりするんですが。 Um Hanadiさんという、39歳の女性だそうですが、夫と兄弟3人をISISに殺されて、憤懣やる ...

ますます訳が分からなくなったシリア情勢 さて、訳が分からないことになっていると言えば、シリア情勢で、特に、前に書いた「ロシアが海上からの砲撃でアレッポの秘密基地を攻撃し、30人の情報将校を殺した」とされている件です。 まあ、海上からで、そこまでピンポイントで ...

激しい反対運動で、THAADの配置先を変更… 韓国がTHAADの配備位置を変更(Global Times誌より) はい、これまでも書いているんですが、韓国では、朴槿恵さんが、なぜだか急に気が変わって、国民への説明も合意もないまま、勝手にTHAADみたいな高価な買い物をしてしまったと ...

目 次 物言わぬ死者たちの報われない「待ち時間」想像を絶する残虐事件カティンの森事件の奇怪すぎる展開ソ連兵の恐るべき口の固さソ連が崩壊していなくても、認めていただろうかドラマチックすぎるオチ~ポーランド首脳を襲った悲劇~物言わぬ死者たちの報われない「待ち時 ...

航空機事件が相次いだ2014年でも、特に謎が深かったMH370機 さて、ちょうどというか、ウクライナで撃墜されたマレーシア機の報告書が公表されたということなんですが、私が興味があるのは、そっちではなくて、MH370機のほうなんです。 航空機災害が相次いだ同じ年、2014年の ...

アンジェラ・メルケル「不法移民を阻止」し、亡命希望者を送り返す Uターン:アンジェラ・メルケル「不法移民を阻止」し、亡命希望者を送り返す(Breitbart誌より) はい、おそらくは、史上稀な「厚顔無恥な無責任政治家」のうちの一人となった、メルケルです。 今回、ウィ ...

軍事演習が盛んなプーチンのロシア ロシアの軍事演習にアジアでの驚き(Asia Times誌) えーとこれは、タイを拠点にした香港に拠点のある新聞なんですが、記事を書いているのはロシア人のようです。 ざっくり言うと、この記事は、ロシアがいろんな国と、せっせと合同軍事演 ...

ドゥテルテ「ルビコン川を渡る」 ドゥテルテが中国・ロシアとの通商貿易全面開放を宣言(Global Times誌より) はい、来月には訪日が予定されている(訪中のあとに)フィリピン新大統領のドゥテルテなんですが、このブログでは、6月30日の彼の就任以降、その動向には、大 ...

世界を動かすキープレイヤーさて、ここらへんで、ガラパゴス日本に生息するイグアナやゾウガメのみなさんに、「日本語の情報を見ているだけではわからないこと」を、教えます。 現段階で、世界を動かしているのは誰なのか、キーマンは、誰なのか。 影響力の強い順に、並べて ...

ヒラリー・クリントンが注意深く階段を降りて車に乗るまで ヒラリー・クリントンが注意深く階段を降りて車に乗るまで(Breitbart誌より) はい、巷では、普通に「パーキンソン病だ」と言われているとか、最近では、肺炎になったり、公の場所で気絶をするとか、一時は「死亡 ...

目 次イスラエルを含む30人の情報将校がロシアの砲撃で殺害されるアメリカの停戦義務違反プーチンは、全部知っていたシリア軍「誤爆」を指揮していたと思しき基地に、モサドがいたトルコの情報局員もいた?アメリカは、核保有国との全面戦争はしないどうでもいいちっこい ...

パンチェン・ラマ11世がチョモランマを初訪問 パンチェン・ラマ11世がチョモランマを初訪問(Global Times誌より) 位置関係↓ さて、パンチェン・ラマ関係は、前にも書いたので、そっちを見ていない人は、そっちも見てもらいたいんですが、チベ厨を発狂させるために、 ...

深圳空港では、警備用ロボットを実用化 中国製警備ロボットが深圳空港で実用化(Shanghaiist誌より) 前にも書いた(過去記事:中国ではドローンを使って交通違反の取り締まり)んですが、高速道路の交通違反取締りをドローンでやるとか、床下通過式バスを発明してみるとか ...

バーリントン銃撃犯はメンタル病のトルコ移民20歳 バーリントン銃撃犯はトルコ移民のアーカン・セティンと判明(Breitbart誌より) 日本語ではなかなか報道されないような、詳細情報なんかがあるので、いちおうまとめておきます。 逮捕された容疑者↓ ワシントン州バーリ ...

少林寺拳法を学ぶアフリカの研修生たち 少林寺でカンフーを学んだ20人のアフリカ人が卒業(新華社英語版より) はい、前にも紹介したんですが、(過去記事:まったく違う人生を生きる「2つの国」の黒人たち)中国では、アフリカへの経済投資を増やすと同時に、アフリカか ...

米国内の治安悪化で大統領選の状況に変化4日目の夜~警官による射殺事件への抗議でシャーロットで行進をするデモ隊(Breitbart誌より) さて、前の記事で書いたように、クリントン・安倍会談で余裕を見せつけ、もう終わったかと思われた米大統領選なんですが、11月までに ...

ヒラリー・クリントンと安倍普三がNYで会談 ヒラリーはどこ?ノースカロライナでの資金集めを延期(Breitbart誌より) 世界平和にとっても、われわれ日本国民にとっても、大変残念なニュースですが、どうやら、ヒラリー・クリントンで決まったような感じですね。 昨日、ヒラ ...

オリンピックメダリストの夫が反日投稿でたしなめられる オリンピックメダリストの夫が反日投稿でたしなめられる(Global Times誌より) 王楠さんという、卓球のオリンピックメダリストの旦那さんが、中国のツイッターであるWeiboに問題ツイートをしたというので、中国ネッ ...

父ブッシュ「ヒラリー・クリントンに投票する」 父ブッシュ「ヒラリー・クリントンに投票する」(Politico誌より) やっぱりね的な情報が、また出てきました。 前から言っているように、今回のアメリカ大統領選挙では、軍事産業のヒモつき候補者というのは、民主党のヒラリ ...

東シナ海の警備に派遣されている人民解放軍の艦隊 最新鋭の船隊、訓練、構成で東シナ海の最前線に展開する艦隊(Global Times誌より) どうやら、この記事で紹介されているのは、問題の尖閣付近をパトロールしている戦艦とか、その乗務員さんたちのようですね。 ↓これは ...

ドナルド・トランプがマイアミのリトルハイチを訪問したわけ トランプがマイアミのリトルハイチを「聴取」のため訪問(Breitbart誌より) ↓マイアミのリトルハイチ地区を訪ねるドナルド・トランプ はい、これも、ヒラリー・クリントンアゲをやっている日本のメディアでは、 ...

朝鮮半島の非核化へ向けた具体的な条件の提示 アメリカが先に譲歩するべき(Global Times誌より) Global Times誌というのは、中国政府が運営している新聞というかマガジンなので、その社説というのは、無署名でただ「社説」としてある場合もあったりして、署名がある場合も ...

うっかりDNAテストを受けたら、黒人の遺伝子が見つかった白人至上主義者 白人至上主義者がDNAテストで部分的に黒人だと判明(Los Angeles Times誌より) はい、3年くらい前の話なので、一部ではけっこう知られているかもしれないんですが、このブログでも、まとめておきた ...

カシミールで玉砕テロ 玉砕テロでインド兵17人と4人の武装兵が死亡、インドのカシミール実効支配地域(Global Times誌より) これも、そろそろまとめておこうと思っていたんですが、以前にも紹介したインドのカシミール地方(過去記事:インド政府がカシミール独立派の市 ...

北朝鮮観光の広告が台湾の地下鉄に 台北の地下鉄、北朝鮮旅行の広告出てるのかw①ISのテロの心配がない②爆弾テロの心配がない③地震も無い④スリもいない最も安全な旅行先 それが北朝鮮そのとおりやなwpic.twitter.com/7riPkeVRwi— 中国住み (@livein_china) 2016年9月 ...

対ISIS連合軍がシリア軍を「誤爆」 ペンタゴンが、シリア軍を誤爆したかもしれないと発表(Global Times誌より) 画像はYahooより 日本語のメディアでは、ほとんど報道されていないと思うので、ざっとまとめておきます。 ペンタゴンの言い分によると、「対ISIS連合軍は ...

オバマの出生地疑惑の出所はクリントン陣営だった? クリントン支持者2名がオバマの出生地疑惑に関与していた(McClatchy誌より) これは、どうやら「内輪」では、ものすごい問題のようなんですね。 この場合の「内輪」というのは、アメリカの政界。 だから、ほとんどの日 ...

ドリームワークスCEO「ヒラリーはジブラルタルの岩」 ジェフリー・カッツェンバーグ(Jeffrey Katzenberg)「ヒラリーの健康問題は些細で無関係なこと」(Breitbart誌より) はい、3日前の記事なんですが、なんかけっこう印象に残っていたんで。 ジェフリー・カッツェンバ ...

急転直下の政治判断で工事停止 オバマ政権がノースダコタのパイプライン工事を一時的に停止(Atlantic誌より) パイプライン建設反対デモをする先住民(The Standing Rock Sioux)のみなさんたち はい、前の記事(過去記事:ダコタのアメリカ先住民がパイプライン建設作業に ...

中国ではドローンで交通違反の取り締まり 気をつけろ!ドローンは初日で交通違反を30件発見(Shanghaiist誌より) はい、中国では、いろいろと、スケールの大きな企画が、次々に試されているんですが、最近は、ガラスの橋とか、床下通過式バスとか、あれは、日本語ではな ...

ドナルド・トランプがカツラ疑惑を一蹴 ファロンがトランプの髪の毛をぐちゃぐちゃに(Breitbart誌より) はい、ドナルド・トランプ関係の小ネタです。 以前から「?」と思われていたトランプの「髪型」ですが…なんかまあ、不自然ぽいんじゃないのかと。 なので今回、トラ ...

プラスチックなのに防弾仕様のスマホ? 中国製スマホが南アフリカの男性の命を武装強盗から救った(Shanghaiist誌より) はい、ここで、ものすごい「性能」を見せたのは、中国製スマホ、「華為(ファーウェイ)」社製のスマホ(型番Huawei P9 Lite)だそうです。 Huawei P9 ...

ドゥテルテの麻薬戦争の実態 イロイロの「ドラゴン」殺害(Inquirer誌より) さて、フィリピン新大統領ドゥテルテの「麻薬戦争」なんですが、麻薬密売者を殺させているということで、だいぶ話題になっていますね。 本当は、それだけだったら、話題にはならないんです。 アメ ...

失神する前に神経学的検査を受けていたヒラリー・クリントン 肺炎?失神する前に神経学的検査を受けていたヒラリー(Infowars誌より) 9月11日の追悼セレモニーで気分が悪くなったとか気絶したとかで、とにかく早退したヒラリー・クリントンの続報です。 事情を知らない ...

日本は情報ガラパゴス、日本語話者はイグアナ、このままでは滅びてしまう さて、このブログは、「ちょっと英語ができるワタシ」が、日本語しかできない国内のイグアナたちを、なんとかマシにしようと思って始めたものです。 日本語話者は、ほとんどがモノスピーカー(単一言 ...

台北で観光客寄越せデモ 台北で観光客不足への抗議デモ(Straits Times誌より) はい、台湾です。 就任3ヶ月目の蔡英文新総統の支持率がイマイチだという話は、前に記事にしたんですが、やっぱりこれは、「本土からの観光客の減少=経済」と、大いに関係があったかもで。 ...

ドゥテルテ「米特殊部隊は去れ」 フィリピン大統領は、アメリカ特殊部隊に南フィリピンから出て行くように求める(Global Times誌より) はい、何かと話題の「アメリカに反旗をひるがえしたフィリピン新大統領ドゥテルテ」です。 事情を知らない人は、フィリピン関係の過去 ...

当初は救急外来へ行く予定だった ヒラリーは救急外来へ向かっていたが、体裁を考えて回避した(Breitbart誌より) はい、9月11日の追悼セレモニーで「気絶した」とか「気分が悪くなった」とかで、早退したヒラリー・クリントン関係の続報です。 ヒラリーの健康疑惑につい ...

米民主党は緊急会議でヒラリー・クリントンの差し替えを検討 米民主党は緊急会議でヒラリー・クリントンの差し替えを検討(Infowars誌より) はい、前の記事(ヒラリー・クリントンが9月11日の追悼セレモニーを病気早退)の続報です。 事情を知らない人は、ヒラリー関係 ...

ヒラリー・クリントンは9月11日のセレモニーを病気早退 9月11日のセレモニー中に気分が悪くなって早々に退席したヒラリー・クリントン(CNNより) はい、前から言っていますが、ヒラリー・クリントンは、どう考えても健康じゃない。 事情を知らない人は、ヒラリー関係 ...

なんとなく影が薄かった朴大統領 さて、フィリピン大統領のドゥテルテと、アメリカのオバマの激突があったラオスのASEANサミットですが、私がちょっと気になったのは、韓国の朴槿恵さんでした。 まあ、私以外にも、朴槿恵さんのことが気になって仕方がないという人は、いっ ...

ドゥテルテの「独立宣言」 大統領:フィリピンは独立した外交方針を追求する(Global Times誌より) さて、ASEANから戻ったドゥテルテは、最近、爆弾テロがあったばかりの故郷のダバオ市に向かい、記者会見を開いたということです。 ドゥテルテ関係の事情がわからない人は、 ...

「奴隷所有者の名前は、学校名にはふさわしくない」 サンフランシスコ当局:奴隷制に関連して「ジョージ・ワシントン高校」の名前を付け直す(Breitbart誌より) サンフランシスコの教育委員会が、奴隷所有者の名前を学校名から取り除く方針を出したそうなんです。 教育委員 ...

耳を見せなくなったヒラリー イヤーピースで騒がれた翌日、耳を隠したヒラリー(Prison Planet誌より) はい、「ヒラリーの補聴器疑惑」の続編です。 前の記事を読んでいない人は、事情がわからないと思うので、読んでください。 俳優のジェームズ・ウッズのツイートから始 ...

ASEAN会議場でオバマとドゥテルテが激突 オバマとドゥテルテが麻薬戦争を巡って激突(Global Times誌より) はい、フィリピン新大統領とオバマの続編。 事情を知らない人は、フィリピン関係の過去記事を読んでください。 画像はThe Straits Timesより さて、ラオスで開か ...

オバマの名前が新発見の寄生虫の名前に使われる オバマは正式に寄生虫:科学者がワームに命名(Breitbart誌より) はい、どういうことかというと、新発見の寄生虫…英語でflatwormとしてありますが、どう訳すのかわからない。 とにかく、それの正式な名前(学名)に、オバマ ...

EU離脱後のイギリスは、さっそく「不法移民締め出し」に着手 イギリスはカレー移民を締め出すために壁を建設(Breitbart誌より) EU離脱を決めてわずか2か月後、イギリスはさっそく、「移民締め出し」の具体策に着手。 …まあ、EU離脱が「なんのためだったのか」ということ ...

ジェームズ・ウッズ「ヒラリーはイヤーピースを入れていた」 昨夜の討論会で、ヒラリーはイヤーピースを入れていたのか?(Infowars誌より) はい、「激しく咳き込んで終わった機上記者会見」のあとは、ヒラリーの「耳」が話題になっています。 NBCテレビで、トランプとの初 ...

やはりウイグル人だった キルギスタンは、中国大使館襲撃の犯人と黒幕を特定(人民日報英語版より) はい、この前の中国大使館自爆テロの件ですが、犯人と黒幕が判明したそうです。 事件当時の画像はBBCより 事件があったのは、キルギスタンの首都のビシュケクでしたが、こ ...

G20の美形中国警備員が話題 G20の美形中国警備員がネットの女神に(Shanghaiist誌より) さて、前から言っているように(過去記事:腐女子発狂~中国人民解放軍のルックスエリートたち~)、なぜか美形が多い中国人民解放軍ですが、今回注目されたのは、杭州のG20サミットで ...

↑このページのトップヘ

PVアクセスランキング にほんブログ村