脱ガラパゴス~海外ニュースななめ読み~

わりとレアな海外ニュース(英語)を、独断と偏見でピックアップ。
固い話から柔らかい話まで、独自の視点で、なるべくわかりやすく紹介。

*********たまに更新中*********

2017年04月

ISISがイスラエル軍に謝罪した かなりぎょっとするような話が、ロシア政府が運営するRT誌に載っていました。 ISIS once ‘apologized’ to Israel for attacking IDF soldiers – former Defense Minister — RT News (ISISは、一度、イスラエル軍を攻撃したことについて ...

「ロシアゲート」はあるのに、「イスラエルゲート」は絶対に起こらない Why Not a Probe of “Israel-Gate”? Israeli Meddling… | Global Research - Centre for Research on Globalization (なぜ「イスラエル疑獄」への検証はないのか?イスラエルは干渉している…) ...

「絶対に捨てられないなどと、思い上がるな」 NK state media's broadside won’t impact China policy - Global Times さて、中国政府が運営するGlobal Times誌(環球時報)なんですが、社説で、北朝鮮へのかなり突っ込んだ、メッセージ的なことを書いていますね。 なかな ...

投票日直前のテロ関連の3つの出来事 Champs-Elysees attack: Perfect timing, for some | The Vineyard of the Saker さて、本物の「左翼」である、つまりコミュニストであるイラン系フランス人(パリ在住)のジャーナリストの人が、フランス大統領選と、最近のフランスで ...

お騒がせのトランプが、ほかの件でも騒がせていた さて、今月初めの習近平の訪米では、習近平を待ち構えていたアメリカが、いきなりシリアを爆撃という一大事件もあったんですが、エピソードは、ほかにも、あった。 South Korea overly sensitive about historical ties w ...

画像はSputnikより。 「トランプよ、シリアに25年住んでいる私よりも、わかっているなどと言うな」 Criminal Media Messaging, Black Propaganda | Global Research - Centre for Research on Globalization 上記のサイトで、シリアに長く住んでいる外国人の人が、Facebo ...

この時期に、なぜか出てきたオバマ 「オバマ」と聞いただけで、ぷっと笑ってしまうくらいに、最近では「無視されている」あの人なんですが…人一倍「自分大好き」なあの人は、やはり、「注目されないこと」には、そんなに長いこと耐えられなかったみたいです。 Obama Injec ...

絶望するトランプ支持者たち Does Anyone Still Believe That Trump Will Fulfill His Election Promises? (トランプが公約を守ってくれると信じている人なんて、まだいるんだろうか?) 阿鼻叫喚 コメント欄より。 Thomas Ludwig Trump, you are dead to me now after ...

トランプはなぜ降伏したのか 前からしばしば紹介しているカナダの独立系サイトのGlobal Reearch誌ですが、わりとわかりやすい「トランプ降伏のまとめ」を書いてくれているので、要点をかいつまんで、触れてみたいと思います。 原文を読みたい人は、リンク先へ。 What the ...

朝鮮半島情勢関係のニュース2本。 トランプのアルマダ艦隊は、どこへ… アルマダというのは、無敵艦隊のことを言いますね。 古くは、スペインの無敵艦隊を指したようですが、それくらいにすごい「海軍部隊」ということだろうと思います。 今回、どうしてそのアルマダが出て ...

トランプはなぜ変わったのか さて、トランプの豹変と、その後の軍事行動ラッシュについて、非常にわかりやすく解説している人がいますね。 The Double-Triple-Quadruple-Crossing Trump: | The Vineyard of the Saker Ghassan Kadiという人で、シリア人の政治アナリストの ...

何が「フェイクニュース」なのか Who is Behind “Fake News”? Mainstream Media Use Fake Videos and Images | Global Research - Centre for Research on Globalization 前にも紹介したように、Global Research誌というのは、カナダのインディペンデント系サイトです。 ...

「まともなトランプ支持者」の叫び アメリカのトランプ支持者というのは、日本のリベラル陣営からは、「全員が、差別主義者の排外主義者」とか、「ほとんどがKKKみたいな人たち」というふうに、見られていますが、そうではないんですね。 トランプが当選したのには、理由 ...

テロリストを治療して、シリアの戦場に戻していたイスラエル イスラエルは、アルヌスラとの関係がずっと言われているんですが、今回は、独立系サイトに、書かれていますね。 …しかしまあ、こういうニュースこそが、本当はビッグニュースとして、もっと大きく扱われなければ ...

自分はアジア人だという自覚がないイグアナたち まーひどいことになっているようですね。アメリカは。 トランプのせいだという人がいるけれど、私は、あんまりそうは思っていない。 アメリカの白人というのは、もともと「そう」だし、トランプを引きずりおろしたい人たちは ...

ガバードの追い出し作戦は、民主党内では、折り込み済みだった? Gabbard takes heat from Dems for skepticism of Syria chemical attack | TheHill 日本イグアナのみなさんの中には、「アメリカの民主党」というものに、「理想」とか「願望」を抱き続けている人も、いる ...

「フランス人はホロコーストに責任はない」 さて、フランスの大統領になるのかならないのか、まだよくわからない、フランス最右翼の国民戦線を率いるマリーヌ・ル・ペンなんですが。 Marine Le Pen: France not responsible for deporting Jews to Nazi death camps | The I ...

逆に振れたトランプは「毒を食らわば皿まで状態」 さて、ネオコンに追い詰められて、白旗を上げて降参したトランプは、「毒を食らわば皿まで状態」です。 ロシアとの関係を改善して、中東の戦争をなんとかマシな状態にするという公約でもって、大統領になったくせに、逆のこ ...

中東問題については、中国側の報道を見ろ さて、私は、あちこちの英語ニュースを見ますけれど、中東関係については、やはり、「中国政府がやっているニュースサイト」が、最も信頼できると、思っているんですね。 どうしてかというと、中国は、中東関係においては、ほかと比 ...

中国は、必ず根に持つであろう さて、日本語のメディアでも報道されているように、習近平が訪米している最中に、トランプがロシアとの戦争をおっぱじめるという、最悪の事態になってしまいました。 気の毒なのは、とにかく、シリアの普通の人たち。イラクもそうですが。 そし ...

クリントン家は、エイズ患者も食い物にしていた? クリントン家に、「いろいろなネコババ疑惑」があることは、これまでも書いてきたんですが…民主党内の資金独り占め疑惑とか、ハイチ復興資金疑惑とか。 今回出てきたのは、「エイズ」らしいですね。 Untold Story of the ...

「東アジアの一大事」は、一大事ではないかのように見せられている さて、現在の東アジアで、最大の懸念事項とは、なんでしょうか。 それは…安倍夫妻の不祥事でもなく、籠池という人が国家資産を独り占めにしてトクをしたかどうかということでも、なく、どっかの旅行会社 ...

↑このページのトップヘ

PVアクセスランキング にほんブログ村