THAADミサイルに怒る韓国の人たちは、まともである

さて、韓国のTHAADミサイル配備決定については、この前も書いたんですが、このことはやっぱり、国民への説明もなく、「事後承諾」になったらしいです。
なので、怒った韓国のみなさんが、説明に来た首相を生卵で歓迎↓、大変なことになっているようです。
THAAD配置に抗議する韓国国民
韓国の人は、本当に、まともだと思いますね。
税金を取られっぱなしで、使い方はどうにでもしてくださいとか、そういうわけではないんですよ。
というか、そっちの感覚のほうが、普通じゃないんでしょうか。
THAADミサイルというのは、タダではありませんよ。
1.5 trillion won (1.3 billion US dollars)とかって、よくわかりませんが、136,391,151,000 円って、1300億円とかかな。
まっ、アメリカへの「朝貢」ですよ。
そりゃ、怒るのが普通ですよね。
日本人は怒らない、アメリカ大好き、お金なんか、いくらでもあげる、壊れたヘリコプターも、買ってあげる、まっ、どう考えても、頭が狂っていますよね。
ともかく、韓国の人は、頭が狂ってはいないので、こうしてお怒りなんですね。
当然でしょう。
さらに、そんなものを自分の国に置いたら、「周辺国に、韓国を攻撃する口実を与える」ことになってしまいます。
まあ、もしも攻撃をされなかったとしても、中国からは、経済制裁はされますよね。
せっかく増えていた中国人観光客も、どどっと減るでしょう。
大事な税金を、アメリカにむしりとられ、観光やらほかの商売の邪魔をされ、さらに危険にさらされて、怒らないというほうが、変ですよ。
韓国の政治家は、こうやって、卵を浴びたりしながら、体を張らないとやっていけないのに、日本の政治家は、何をしようが、国民からは、何も飛んでこないし、パンツを盗もうが、不倫をしようが、賄賂をもらおうが、政治資金を使い込もうが、仮病で国会を休もうが、問題なし。
さらに、どんなバカでも、世襲ならOK。
政治家になるなら、日本に限りますね。