サンダース支持者に怪死者が出ていた

クリントン怪死者か、左翼の陰謀論か、3人の民主党全国委員会(DNC)関係者の死(Townhall誌より)

クリントン怪死関係は、前にも書いた(怪死がつきまとう「ヒラリー・クリントンの周辺」んですが、収賄関係で証言をする予定だった国連のジョン・アッシュ以外にも、ヒラリー・クリントンの「私用メルアドを公務に使用事件」関係で、つい最近になって、2名の死者が出ていたという記事を見つけました。
しかも、死んでいるのは、サンダースの支持者だと。

セス・リッチ

事件の概要

DNCの職員で、27歳、情報分析の専門家だった。
7月10日に、午前4時15分ごろに恋人の家を出て帰宅するために歩いている途中に、何者かに射殺された。
セスの体には、抵抗した形跡があった。
彼の顔と膝と両手に傷があった。
警察は強盗の仕業としているが、貴重品(財布、クレジットカード、時計)は何も奪われていなかった。
現時点では、被疑者も目撃者もいない。
リッチが襲われる少し前に、近く(1マイルほど離れた場所)で、拳銃強盗に遭っていた2名の人たちがいるが、リッチからは何も盗んでいない。
同一犯かどうかは、双方の事件の弾道検査で銃が一致するかどうかを調べれば、わかるのではないか。

セスは、ヒラリー・クリントンのメールをウィキリークスに漏洩したと言われている。
ウィキリークスのジュリアン・アサンジは、情報元は明かさないが、ロシアではない、DNCの職員のうちの誰かだと言っている。

セスは、サンダース支持者の有力者に頼まれて、ヒラリーのメールをリークしたと言われている。

元気だったころのセス・リッチ↓
セス・リッチ

ショーン・ルーカス

事件の概要
ルーカスは、映像作家のリカルド・ヴィラバと共に、7月3日に、サンダース支持者側の選挙運動での不正行為について、支持者の代表として、DNCに呼び出されている。
そのときのビデオの中で、彼は歯をむき出して笑っていた。
8月2日、彼は風呂場の床で死んでいるところを恋人に発見された。
恋人によると、健康状態は良かったという。
元気だったころのショーン・ルーカス↓
ショーン・ルーカス

ジョン・アッシュの死因の不可解な変更

barbell前にも書いたジョン・アッシュですが、最初は、国連側は、「心臓麻痺」だと発表していました。
しかし、地元警察は、のちに、エクササイズ中に、バーベルを喉の上に落としたことが死亡原因だとしています。
それだと、まったく死因が違うんですが…。
どうして、そういうことになっているんでしょうか。
というか、心臓麻痺を起したから、バーベルを落としてしまったということは、有り得ますね。
だったら、やっぱり死因は心臓麻痺なんじゃ?
というか、いつもバーベルを上げていた人が、なぜ、ヒラリーに不利な証言をしようとした2日前に、急にバーベルを落とす?

ヒラリーの恨みを買うと、死ぬ?

とにかく、ヒラリーと民主党候補の指名を争っていたサンダース側に、死亡者が出ていた、しかも、ヒラリーに恨まれていてもおかしくない人たちが、仕返しぽい形で、ものすごくタイミングよく、なぜか死んでいる。

この記事内には、短いですが、こういう記述があります。
ラリー・ニコルズと名乗る(たぶん仮名)男性が、あるTV番組(ピート・サンティリ・ショー)で、「自分はクリントン家のヒットマンとして雇われていた、数年前に数人を殺した」と証言。
もちろん、ガセかもしれませんし、真相はわかりませんが、とにかく、クリントン夫妻以外には、「あの人たちの恨みを買ったら死ぬ」と恐れられている政治家は、いないそうなんですね。
ひゅうう…。

「謎の強運」で、敵がどんどん死んで行き、一人勝ち↓
ヒラリー・クリントン
↓こういうふうに言っている人もいますね。
癇癪持ちで、口汚くて、人使いが荒くて、欲深くて、堕落していて傲慢。
ヒラリーが刑務所に入るまでは、平穏は訪れない。
チーン…合掌。

ヴィンス・フォスターの死に関するヒラリーの聴取記録が紛失していた

はい、一部では興味のある人がいるらしい「ヴィンス・フォスターの怪死の件」で、新しい記事を見つけました...

アサンジの意味深発言で謎が深まるセス・リッチの怪死

以前から何度か書いている「ヒラリー・クリントン周辺の怪死者関係」なんですが、その中に、「セス・リッチ」という若い男性がいたのを...