中国仕掛け説も保留

前の記事(過去記事:今わかったはずがない「朴槿恵の汚職疑惑」が、なぜ今出てくるのか)の補足になりますが、いろいろ考えてみたら、場合によっては、今回の暴露が、「THAAD粉砕に結びつく可能性」もあると思うので、「中国仕掛け説」も、現段階では、保留しておこうと思います。

朴政権が必要としたなんらかの裏金のロンダリングの可能性

Then came media claims that Choi might have used her connections with Park to push companies, in January, to make 80 billion won (US$72 million) in contributions to two nonprofit foundations orchestrated by the government.
崔順実さんが代表する2つの財団に入った金は、US$72 millionだと、だいたい75億円くらいになると思うんですが、これは、単に「私服を肥やす」というには、あまりにも大きい。
だから、単に私服を肥やすというよりも、「なんかの用途のための金」のマネーロンダリングに協力したという可能性も大。
なので、この金が、どこへ流れたのか、それを追えば、なんのための金だったのかが出てくる。
面白いのは、これが今年の1月のことだったというんですね。
前からそういうことをやっていて、これがそのうちのひとつだったのかどうだか、知りませんが、これが最初だったとか、いつもやっていたわけではないという場合には、これは、朴槿恵さんが「そのころに」必要を感じた金であって、だからこそ、相当に親しい仲である相手、秘密を守れそうな、信用のできる相手に、名前を貸してもらったという可能性もある。
この時期に、朴槿恵さんが、早急に、強引に通したということならば、THAAD対策、そのためのなんらかの「表沙汰にはできない工作や買収費用」だとか、そういうものだった可能性が出てくる。
そうなると、それが明らかになれば、国民が怒って、THAAD配備自体がオシャカになる可能性も出てくるから、その場合には、中国仕掛け説の可能性も、けっこうある。
中国側は、とにかくTHAADをやめさせることができれば、それでよく、裏金の存在に怒った国民の世論が、THAAD反対でまとまれば、朴さんの後任が誰になろうが、それでいいと。

韓国は、表向きには、土地の提供しかしない

thaad
韓国防衛相「THAAD配備には余計な負担はない」 Korea will not be burdened with extra cost for THAAD: defense minister (Korea Times誌より)

"As the deployment is covered by the defense cost-sharing agreement, there will be no extra cost except for providing the land," Han told opposition lawmakers, adding the system aims to provide better protection from Pyongyang's persistent provocations.
前から言っているように、米韓の安保というのは、日米安保よりも、はるかにホスト国に優しい。
敗戦国じゃないから、そんなにひどい扱いはできないから。
なので、私も勘違いをしていたんですが、韓国側は、購入費用も運搬費用も何も出さず、全部米軍が出すと。
韓国側は、「土地の提供以外には負担しない」となっている。
7基を予定していて、1機当たりが1000億円くらいらしいから、7000億円。
ほかに、運搬費用とか、設置費用とかも、いろいろかかるだろうから、実際にはもっと。
するとこの金は、アメリカの税金から、軍事産業に入ることになるから、ここで「韓国をダシにして、予算から金を引き出した」ということになる。
とにかく、軍事産業に金が渡ればいいんだから、アメリカの税金でも、どっちでも同じだと。
日本の場合なら、敗戦国だし、むしれるだけむしる方針になっているから、日米地位協定も、日本が絶対不利になっているけど、韓国のは違う。
なので、この場合だったら、7000億円か、それよりもうちょっと程度のものへの「工作費用」として、その100分の1程度を韓国側で負担するということは、常識的には、おかしくない。
けれども、韓国の防衛大臣は、反対する国民を説得するために、上のように「土地の提供以外の負担は一切しない」と言い切っているから、そういう「工作費用」は、表向きには支出できない。
すると?
まあ、ここらへんに、何かありそうな匂いがするけど。

朴槿恵汚職疑惑は、7月からだった~青瓦台で内部調査が行われていた~

朴槿恵さんのスキャンダルは、意外にもですが、「親友」の帰国、謝罪という方向へ発展していますね...

盛り上がる「朴槿恵辞めろデモ」、恐怖に震えながら見守る安倍普三

中国紙(もちろん政府が運営)は、韓国の件をどういうふうに伝えているかというと、まあわりと冷静に、突き放した感じなんでしょうかね...