脱ガラパゴス~海外ニュースななめ読み~

わりとレアな海外ニュース(英語)を、独断と偏見でピックアップ。
固い話から柔らかい話まで、独自の視点で、なるべくわかりやすく紹介。

*********たまに更新中*********

カテゴリ:アメリカ

「ロシアゲート」はあるのに、「イスラエルゲート」は絶対に起こらない Why Not a Probe of “Israel-Gate”? Israeli Meddling… | Global Research - Centre for Research on Globalization (なぜ「イスラエル疑獄」への検証はないのか?イスラエルは干渉している…) ...

この時期に、なぜか出てきたオバマ 「オバマ」と聞いただけで、ぷっと笑ってしまうくらいに、最近では「無視されている」あの人なんですが…人一倍「自分大好き」なあの人は、やはり、「注目されないこと」には、そんなに長いこと耐えられなかったみたいです。 Obama Injec ...

絶望するトランプ支持者たち Does Anyone Still Believe That Trump Will Fulfill His Election Promises? (トランプが公約を守ってくれると信じている人なんて、まだいるんだろうか?) 阿鼻叫喚 コメント欄より。 Thomas Ludwig Trump, you are dead to me now after ...

トランプはなぜ降伏したのか 前からしばしば紹介しているカナダの独立系サイトのGlobal Reearch誌ですが、わりとわかりやすい「トランプ降伏のまとめ」を書いてくれているので、要点をかいつまんで、触れてみたいと思います。 原文を読みたい人は、リンク先へ。 What the ...

朝鮮半島情勢関係のニュース2本。 トランプのアルマダ艦隊は、どこへ… アルマダというのは、無敵艦隊のことを言いますね。 古くは、スペインの無敵艦隊を指したようですが、それくらいにすごい「海軍部隊」ということだろうと思います。 今回、どうしてそのアルマダが出て ...

トランプはなぜ変わったのか さて、トランプの豹変と、その後の軍事行動ラッシュについて、非常にわかりやすく解説している人がいますね。 The Double-Triple-Quadruple-Crossing Trump: | The Vineyard of the Saker Ghassan Kadiという人で、シリア人の政治アナリストの ...

何が「フェイクニュース」なのか Who is Behind “Fake News”? Mainstream Media Use Fake Videos and Images | Global Research - Centre for Research on Globalization 前にも紹介したように、Global Research誌というのは、カナダのインディペンデント系サイトです。 ...

「まともなトランプ支持者」の叫び アメリカのトランプ支持者というのは、日本のリベラル陣営からは、「全員が、差別主義者の排外主義者」とか、「ほとんどがKKKみたいな人たち」というふうに、見られていますが、そうではないんですね。 トランプが当選したのには、理由 ...

自分はアジア人だという自覚がないイグアナたち まーひどいことになっているようですね。アメリカは。 トランプのせいだという人がいるけれど、私は、あんまりそうは思っていない。 アメリカの白人というのは、もともと「そう」だし、トランプを引きずりおろしたい人たちは ...

ガバードの追い出し作戦は、民主党内では、折り込み済みだった? Gabbard takes heat from Dems for skepticism of Syria chemical attack | TheHill 日本イグアナのみなさんの中には、「アメリカの民主党」というものに、「理想」とか「願望」を抱き続けている人も、いる ...

逆に振れたトランプは「毒を食らわば皿まで状態」 さて、ネオコンに追い詰められて、白旗を上げて降参したトランプは、「毒を食らわば皿まで状態」です。 ロシアとの関係を改善して、中東の戦争をなんとかマシな状態にするという公約でもって、大統領になったくせに、逆のこ ...

中東問題については、中国側の報道を見ろ さて、私は、あちこちの英語ニュースを見ますけれど、中東関係については、やはり、「中国政府がやっているニュースサイト」が、最も信頼できると、思っているんですね。 どうしてかというと、中国は、中東関係においては、ほかと比 ...

中国は、必ず根に持つであろう さて、日本語のメディアでも報道されているように、習近平が訪米している最中に、トランプがロシアとの戦争をおっぱじめるという、最悪の事態になってしまいました。 気の毒なのは、とにかく、シリアの普通の人たち。イラクもそうですが。 そし ...

クリントン家は、エイズ患者も食い物にしていた? クリントン家に、「いろいろなネコババ疑惑」があることは、これまでも書いてきたんですが…民主党内の資金独り占め疑惑とか、ハイチ復興資金疑惑とか。 今回出てきたのは、「エイズ」らしいですね。 Untold Story of the ...

ハシゴを外された蔡英文さんに、台湾の「外」の同胞たちは さて、「東アジア事情に暗かったので、うっかり中国宗家の家元争いに鼻を突っ込んでしまった」というついでに、中国政府を揺さぶって、なんかいい条件を引き出せないかと思って、もっといろいろ言ってみたけど、ダ ...

約束とは違い、訪米前にいろいろやっていたネタニエフ ネタニエフなんですが、今週末に、訪米の予定だそうですね。 これは、トランプ就任後の電話会談で決まっていたことなんですが、問題が。 トランプは、ネタニエフに追い詰められて、かなりヤバい感じになっているかも…だ ...

アメリカの自警団意識の真骨頂 ちょっと面白いことがあったので、紹介がてら、記録。 アメリカのミシガンで、ものすごいとんでもない事件があったらしい…。 しかし、こっちからすると「とんでもない」んですが、アメリカ人たちは、それほど驚いていない。 A citizen “ ...

トランプ「われわれは無実じゃない」 ふむ。 日本のメディアでは、ネグられているようなので、記録。 Trump: 'You Think Our Country's So Innocent?' - YouTube ↑の、50秒あたりですかね。 トランプは、Fox Newsのビル・オライリーとのインタビューで、「問題発言」を ...

ソロス帝国の逆襲 ロシアのSputnik誌では、ソロス関係の記述をよく見るようになりました。 …まあ、ちょっと笑ってしまうのは、もしかするとですよ、トランプが当選してからの「この異常なメディア戦争」というものは、 トランプ陣営 VS クリントン支持者 というのがその「実 ...

シリアのキリスト教徒が心配なアメリカ人 小ネタですが、ちょっと参考になるかなと、思ったので。記録。 先日触れた「ガバードがシリアに行った件」なんですが(過去記事:タルシ・ガバードがシリア訪問、帰ってきたら大バッシング)、トランプ支持者のサイトで、「シリア ...

アメフトの時も、政治を忘れない? さて、アメリカ人は、最近は、スーパーボウルで忙しかった…ようなんですが、トランプへのdisだけは、忘れなかったらしい笑。 なんだかんだ言って、直前まで「出ない」とかグズっていたガガは、結局出ましたね。 あとは…Breitbart誌が取 ...

トランプがターンブルに電話で文句を言った「難民引き受けの件」とは トランプの当選が決まってから、自分の任期が切れるまでの2ヶ月ちょっとの期間、オバマがやっていたことは、ひたすら、もうひたすらトランプの足を引っ張って、辞任させるか、弾劾に持ち込んでクビにする ...

オバマの迷惑な置き土産 オバマの「置き土産」は、どうやら、「アレ」だけではなかったようです笑。 そうそう、ISISと言えば、トヨタ車↑ですよね。 ワシントンポスト誌が伝えた「オバマ政権がトランプ政権に引き継いだとされる内容」について、スティーブ・バノンが運営 ...

あっという間に人殺しになったトランプ What to Expect After First Trump-Authorized Op Results in Civilian Casualties さて、この前のイエメンでの特殊作戦ですが。 トランプ就任後、初の肝入り軍事作戦…ということだったようですが、日本のメディアでも、すぐに報道 ...

トランプとの会談から2か月後、なぜかシリア訪問 タルシ・ガバードさんという人は、ハワイ選出の下院議員で、軍隊経験もあるという。 民主党員で、サンダース支持者で、しかし、なぜか、トランプの当選後に会談をしたために、国務長官候補になったのではないかと、噂をされ ...

怠惰な編集者の悲劇 えーと、前の記事(過去記事:カナダのケベックで乱射テロ、モスクで無差別殺傷)の事件の関係ですが、ちょっとおかしなことがあったそうです。 ↓「フェイクニュース:デイリー・ビースト誌がケベックのモスク襲撃の偽情報に担がれ、白人至上主義者のせ ...

1月27日は「ホロコースト記念日」 さて、1月27日というのは、アウシュビッツが解放された記念日ということで、「ホロコースト記念日」ということになっているそうなんです。 …そうだったのか。 そして、日本ではほとんどスルーされていても、ユダヤ人との関係が深いア ...

トランプが就任後初のプーチンとの電話会談 さて、トランプは、土曜日に、いろんな外国首脳との電話会談を行ったということなんですが…あっ、なんか、よく見ると「一番最後」に、白痴のでんでんも、入っているみたいだ。 ドイツ、フランス、オーストラリア、ロシア、日 ...

ドイツ人が「メキシコ人とアメリカ人は団結してトランプと戦え」 ドイツのDW誌というのは、何度か触れましたが、メルケル政権に都合のいいことを言うための場所みたいなんですけれど、今回は、ものすごいなと思ったので笑、ちょっと紹介します。 ↑メキシコ人とアメリカ人 ...

どうする「ドリーマーズ」の扱い さて、日本語のメディアでは、ほとんど無視されていると思うので、とりあえず、記録。 トランプ政権の幹部どうしで、内部対立があるらしい…という記事を、あちこちで見かけた笑。 だいたいが、こういうものが出てくるというのは、「トラン ...

1週間での変化は さて、トランプが大統領になってから1週間、何が変わったかというと。 …表でわーわーやっていることは、想定されていたことの範囲内ですから、大した話ではないようです。 メキシコともめているとか、これは、そうなるだろうという話だったのであって、も ...

トランプが大統領専用機に初搭乗 ヒマネタです。 トランプ新大統領が、初めてエアフォースワンに乗ったというので、取り上げられている。 トランプが、フィラデルフィアに行くために、乗ることになったそうです。 最初のうちは、なんでも新鮮だから、ちょっとは話題になる。 ...

ファーストダンスのベタな選曲の意味 さて。 阿鼻叫喚のトランプ就任式からしばらくたって、やっと、スピーチのライブビデオを見たり(Breitbartの書き下しでは、けっこう省略されていたことも判明)、話題の「ファーストダンス」の様子なんかも、見てみたりしています。 就 ...

まっさきに韓国に行く新国防長官 さてー。 一部の日本の発狂イグアナたちが、「絶対にスルーしたいニュース」があるので、あえて取り上げます。 US defense chief to visit S. Korea next week on 1st overseas trip - Global Times トランプ政権の国防長官「狂犬」ジェー ...

それでどうしてリベラルなのか オバマがリベラルな大統領だったなんていうのは、へそで茶が沸くくらいにおかしな話…。 ↓2016年にアメリカが爆撃をした国。だそうです。 7つの国、合計で26,171発を撃ちこんだそうですよ。 すごい殺意ですねえ。 白人の国がひとつもない ...

初回世論調査の結果は最低 トランプ就任後の世論調査の結果が、出ているようですね。 1月20日~22日に、携帯と自宅電話の両方で行われた電話調査だそうで、対象は1525人の成人だそうです。 Gallup poll: Trump enters WH with lowest approval rating | TheHill 世論 ...

ヒラリーの元スタッフが新たなトランプdis作戦を えーと、ヒラリーの元選対要員たちが中心になって、「トランプのツイッターをフォローしないようにしよう運動」を、始めたそうです。 …あら、政治のプロの人たちが、どうしてそういう、幼稚な日本のツイ廃みたいなことを ...

ハックじゃくて、リーク? Stunning Admission From Obama On Wikileaks | PopularResistance.Org Obama refers to “The DNC emails that were leaked”. Note “leaked” and not “hacked”. オバマが「リークされた民主党eメール」と言った。「リーク」であって、「 ...

FacebookCEOが次期大統領選を射程に始動? ちょっと気になる記事を見つけました。 あのFacebookのマーク・ザッカーバーグが、次の大統領選を目指しているぽい、というんですね。 えー。 ええー。 だってあの人、ユダヤ教徒ですけど。 前から言っているように、アメリカという ...

大統領執務室をマイナーリフォーム 小ネタです。 まーあれですよね、不動産物件というのは、新築でない限りは、やはり、前の住人の気配って、どうしても残っていますよね。 特に、大統領執務室とか、そういうのは、伝統の物件だから、前の住人の気配をゼロにしたいと思っても ...

世紀の就任式 さて、小ネタから行きますと。 リンカーン大統領を意識 天気にはイマイチ恵まれませんでしたが、第45代アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプの就任式では、宣誓の際に、2冊の聖書が使われたとか。 Instead, it was Trump placing his hand on two B ...

トランプのNATO発言に真剣に脅えるドイツ人 さて、就任のちょっと前でしたが、トランプが、NATOやEUをクサしたというので、欧州には、激震が走って…笑、いるらしいんですが、特にドイツ人とか。 トランプは、「NATOは落ち目だ」と言ったそうなんですが、これはですね、半分 ...

伝統の昼食会で 就任式関連で、ちょっと気になる記事を見つけました。 これは、20日付の記事になっているし、金曜日の出来事だというので、就任式の前だと思いますね。 Hillary gives Bernie cool reception at Trump inaugural lunch | TheHill Statuary Hallで、新大 ...

伝統の置き手紙 さて、会場の外では、阿鼻叫喚だったらしいトランプの就任式も、無事に終わったようで。 CNNが期待していたようなこと(過去記事:CNNが究極の嫌がらせで「就任式で大統領が暗殺された場合のシナリオ」を放出)は、起こらなくて、よかったな、と。 スピーチの ...

刑期短縮で、喜んでいるはずが? さて、この前書いた「内部告発者のチェルシー・マニング」の件ですが(過去記事:オバマがウィキリークスへの内部告発者を恩赦、ロシアはスノーデンの滞在許可を延長)、オバマの刑期短縮措置で、もうじき釈放されるぽいと。 よかったじゃん ...

CNNが究極の嫌がらせを繰り出す さて、いよいよトランプの就任式。 時差がありますから…アレなんですが、なにしろ、就任式直前になっても、アメリカのメディアは、ものすごーく、敵意に満ちていますね。 本当に、びっくりします。 あんなにしんどい選挙活動をやって、選挙で ...

韓国のアメリカ大使が、涙の離任会見 さて、英語のニュースではないんですが、最近、ちょっと気になっていたニュース。 リッパート駐韓米国大使、涙の告別会見 (中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース リッパート駐韓米国大使、涙の告別会見 中央日報日本語版 1/14(土) 14 ...

オバマがウィキリークスへの内部告発者を恩赦 さて、「オバマのチェルシー・マニングへの恩赦:刑期短縮措置」に伴って、エドワード・スノーデンの名前が出てきました。 どうしてかというと…簡単に説明すると、マニングも、スノーデンも、アメリカの公務員の内部告発者で ...

欧州からもトランプ叩き さて、アメリカ国内でも、絶頂に達しているトランプ叩きなんですが、実はヨーロッパでもそうだった。 欧州の引退政治家たちが、連名で、1月9日付でトランプ宛てに手紙を送っていたそうです。 全部で17人いるみたい。 その手紙は、ワシントン ...

↑このページのトップヘ

PVアクセスランキング にほんブログ村