脱ガラパゴス~海外ニュースななめ読み~

わりとレアな海外ニュース(英語)を、独断と偏見でピックアップ。
固い話から柔らかい話まで、独自の視点で、なるべくわかりやすく紹介。

*********たまに更新中*********

カテゴリ:トルコ

「息子を探してくれ」 わりと、すごい展開になっていると言えば、年末のイスタンブールのナイトクラブテロ犯で。 前回の記事では、ゴルゴ13のようなことをしていつつ、覚悟はぜんぜんできていなかった…というところまででしたが(過去記事:イスタンブールのナイトクラブ ...

アデルの実の父を名乗るトルコ人男性 ちょっと「えっ」というような話が出てきたようです。 イギリスの人気歌手のアデルですが…「自分が父親だ」と名乗る人が、あらわれたとかで。 それも、トルコです。 Turkish folk singer claims he is father of British popstar Adel ...

なぜかトルコに石井啓一 ええとー、いつものように、「トルコをチェックするか」と思い、ハリエットニュースを開くと…そこには、なんか日本ぽいものが。 Turkish PM warns Japan on Gülenist structuring - DIPLOMACY しょっちゅう見ているサイトでも、トルコだから、「 ...

大量殺人犯のテロリストの「中身」は さて、トルコのイスタンブールのナイトクラブテロ犯ですが、ついに隠れ家で逮捕されたというところまで、前の記事で紹介したところです(過去記事:イスタンブールのナイトクラブ乱射テロ犯がついに逮捕)。 その後、どうなっているかと ...

ついに逮捕 さて、イスタンブールのナイトクラブ乱射テロ犯が、ついに逮捕されたそうです。 Arrested Istanbul nightclub attacker confesses to crime: Governor - CRIME 逮捕された場所は、イスタンブールのEsenyurt地区だというので、当局が「犯人はまだイスタンブール ...

キルギスタンでトルコの航空機が墜落 さて、いろいろありすぎるトルコですが、今度は航空機事故…。 トルコの航空会社で、貨物輸送が専門らしいですが、ACT Airlinesという会社のボーイング747機が、原因不明の墜落。 香港から、キルギスタンを経由して、イスタンブールへ ...

世界では、「壁」がトレンド? さて、最近は、どこでも「壁」がトレンドなのか…。 壁の「ご本家」と言えば、もちろん中国なんですが、最近では、トランプが、メキシコとの間にグレートウォールを予定、現在、「費用の負担」関係で絶賛トラブル中、さらに、イギリスは、EU離 ...

トルコがキプロス問題の協議を再開 さて、今日もトルコ。 なぜかというと、トルコらへんが、やたらに忙しいからで、そっち方面のニュースがあるから、ですね。 トルコ政府が、ジュネーブで、「キプロス問題」の協議に入ったというんですが…。 ‘Without Cyprus, Turkey woul ...

米土の舌戦は続く さて、前にも触れた(過去記事:アメリカとトルコの「言葉の冷戦」がまったく報道されないという不思議)、「トルコとアメリカの言葉の冷戦」は、実は続いています。 西側のメディアでは、報道されないだけ。 トルコ側は、NATOの基地として使用させている ...

一難去ってまた一難 一難去ってまた一難なのが、トルコ。 なにしろ、今、一番のホットスポットは、シリアの次には、トルコ。 イスタンブールのナイトクラブテロのあとは、トルコ西部のIzmir(イズミル)というところで、裁判所の外で車を使った爆弾テロ。 犯行の詳細は不 ...

イスタンブールナイトクラブテロ犯は逃走中 さて、事件当初は、射殺されたという誤情報が出ていたトルコのナイトクラブ襲撃テロ犯なんですが、まだ逃亡中です。 そして、様子を見ていたら、トルコ当局側が、チョロチョロと情報を小出しにし始めた模様…。 まあ、わかっている ...

トルコで終わって、トルコで明けた トルコで年が終わって、トルコで年が明けると。 まさに、今年一発目に飛び込んできたのは、トルコのテロのニュースでした。 なんということでしょう。 トルコのニュース誌から、現段階の情報まとめ。 1週間か10日くらい前に、アメリカ ...

トルコ大統領の年末のスピーチの「熱さ」 さて、最近は、個人的に注目しているトルコなんですが、実は、世界平和のカギを握っている最重要国である、と。 そこの大統領エルドガンの、年末のスピーチを見ていたんですが、まあ、そうだろうなあと、こういう状況なら、それくら ...

世界平和のカギを握っている国 さて、実は、今、「世界平和のカギ」を握っている「一番アツい国」は、どこでしょうか。 …それはですね、トルコなんです。 本当です。 ですが、日本イグアナのみなさんは、普通は、トルコには、ぜんぜん親しみを感じないし、好きとか嫌いとか ...

アレッポの「本当の住民」は、追い出されていなかった? さて、アレッポの退避の件についての報道は、非常に奇怪なことになっています。 Global Times誌で見た記事は、AFPの転載だったので、西側のメディアの報道ということです。 しかし、それよりも遅く、ロシア側のSputnik ...

中国側は さて、ロシア大使がトルコで暗殺の件ですが、Global Times誌に、後追い記事が出ていますね。 中国の学者が新華社に書いた記事の転載なので、おおむね、中国政府の公的姿勢というふうに見てもいいと思います。 中国は、今回の件では、基本的には「第三者」なので、そ ...

トルコのロシア大使がテロで殺された はい、大変なことが起こったんですが、案の定、日本のメディアは、大した扱いをしていない笑。 不運にも暗殺されたアンドレイ・カルロフ大使 トルコのロシア大使がアンカラで撃ち殺される(Global Times誌より) アンドレイ・カルロフ ...

トルコが「アサド政府を滅ぼしてやる」? すごいニュースと言えばすごいニュースなんですが、「諸事情」で微妙になっている件笑。 なんと、あのトルコのエルドガンが、シリアに宣戦布告をした…というんですが、ほとんど誰も騒いでいない。 私が見たのは、アメリカの、かな ...

「進歩的」な北欧人の移民観 実は最近、フィンランドの人に、「移民」についての意見を聞いてみたんです。 それがけっこう面白いので、記録しておきます。 「トルコは、反省するまで孤立させろ」 このときには、その人が、たまたま、EUがトルコのEU加盟についての話し合いを ...

トルコ「EUが反トルコ政策を続けるなら、移民をヨーロッパに送りつけるぞ」 EUがアンチトルコを続けるなら、移民をヨーロッパに送ってやるとエルドガンが通告(Sputnik誌より) ひさびさのトルコ関係です。 トルコについては、例の7月のクーデター以来、けっこう気にする ...

トルコがドイツの連邦議員を無視 さて、個人的に注目している、トルコの大統領エルドガンなんですが、ちょっと気になる記事を見つけました。 ロシアのSputnik誌です。 トルコがドイツの議員の訪問を拒否? トルコはまた、ドイツ議員のインジルリク空港着陸を無視 最近は、 ...

さて、日本ではまったく注目されていないけれど、実はものすごい重大なニュースというのが、いくつかあるんですが、フィリピンのアメリカ大使館外での「反基地闘争」なんかも、そうなんで、これも、日本語で書かなければならないと思っているんですが、私は、一人でやってい ...

プーチンが訪仏をキャンセルし、トルコへ向かった理由とは はい、前から注目しているんですが、ロシアのプーチンと、トルコのエルドガンの接近ですね。 これは、昨年11月に、エルドガンが(たぶんアメリカにそそのかされて)ロシアの戦闘機に領空侵犯疑惑をかけ、撃墜し、 ...

トルコが北シリアのISISとクルド兵を砲撃 画像はロイターより トルコ対シリアのクルド兵対ISIS(BBCより) はい、今回のトルコの砲撃は、非戦闘員20名が死亡したらしいということで、それだけでも大変な事態なんですが、「別の意味」でも大問題らしいんですね。 もちろん ...

自爆テロに子供を使うISIS トルコの結婚式自爆テロ犯は12歳~14歳の子供だった(BBCより) 前の記事(トルコの結婚式で自爆テロ、30人死亡94人負傷)の続報です。 ちなみに、死亡者は51人になったそうです。 トルコの結婚式自爆テロ犯は、12歳~14歳の子供だった ...

トルコの結婚式で自爆テロ、30人死亡94人負傷 トルコの結婚式で自爆テロ、30人死亡94人負傷(Global Times誌より) クルド人による警察署爆破事件があったばかりだというのに、トルコでは、今度はISISのテロだそうです。 場所は、トルコ東南部のガズィアンテプ県だそう ...

トルコでクルド人反乱グループの連続爆破 トルコの防衛軍を狙ったクルド人反乱グループの連続爆破、最低でも11人死亡226人負傷(Breitbart誌より) クーデターを鎮圧したばかりのトルコでは、一難去ってまた一難。 長年の軋轢のあるクルド人分離独立派のクルド労働者党 ...

トルコの独裁者エルドガンが訪露、プーチンと会談 エルドガンが、クーデター後はじめてプーチンと会談(Global Times誌より) さて、トルコ関係は、前にも書いているので、読んでいない人は、カテゴリの「トルコ」か、タグの「エルドガン」から検索して、読んでもらいたい ...

エルドガンは、3ヶ月の非常事態宣言を発令 エルドガンは私立学校1000校、慈善事業1200箇所、大学15校を閉鎖(RT誌より) 前にも書いているように、クーデターを起こされ、復讐に燃えるトルコの独裁者エルドガンは、非常事態宣言を発令、今のところは、3ヶ月の期間として ...

ギュレン引き渡しを諦めないトルコ クーデター鎮圧後、ギュレン運動を根絶することを誓うトルコ(Global Times誌より) さて、激化する粛清:死刑を復活させたらEU離脱を迫られるトルコでも述べたように、風雲急を告げるトルコでは、復讐に燃えるエルドガンが、政敵を永遠 ...

さて、先日のクーデター失敗後は、当然のことながら、独裁者エルドガンによる「粛清」が、ものすごいスピードで進んでいる模様です。 Global Timesによりますと、トルコは警察と軍の粛清を決行、クーデターに関与した200名以上は、すでに鎮圧時に殺害されている。 数千人が ...

「愛国者は責めない」「テロリストは処罰する」という「ご都合」な方針 さて、反エルドガンクーデターを、アメリカのせいにしていたトルコですが、どうも、「クーデター軍には、テロリストが混じっていた」という道筋で、まとまりそうな感じですね。 人民日報によりますと、 ...

急転直下のトルコクーデター ケリーはトルコのクーデターへのアメリカの関与を否定(NYTより) トルコのクーデター失敗は、急転直下の展開です。 トルコの大統領のエルドガンは、今回のクーデターは、アメリカが糸を引いていたとして非難、国務長官のケリーは、これを否定 ...

政府側が主導権を奪回 PRISON PLANET:トルコのクーデター計画で2800人以上を逮捕、265死亡(殺害)、1440人負傷(Prison Planet誌より) 前の記事に続いて、トルコのクーデター続報です。 トルコ首相の発表によると、イスタンブールとアンカラの一夜のクーデターに、2839人 ...

トルコの独裁者エルドガンがクーデターで失脚 Breitbart News Network:Turkish Military: Erdogan Removed to Protect Constitution, ‘Democracy, Human Rights’トルコ軍「憲法を守るために、エルドガンを排除した」(日本語では、エルドアンとの表記もあり) 「Peace in ...

トルコの独裁者エルドガンが、プーチンに「謝罪文」を送付 エルドガン大統領がプーチンに謝罪(Global Times誌より) 昨年の11月に、シリアとトルコの国境付近で、ロシアの戦闘機が、トルコの対空ミサイルに撃墜され、パイロットと医療従事者2名が死亡するという事件があ ...

↑このページのトップヘ

PVアクセスランキング にほんブログ村