脱ガラパゴス~海外ニュースななめ読み~

わりとレアな海外ニュース(英語)を、独断と偏見でピックアップ。
固い話から柔らかい話まで、独自の視点で、なるべくわかりやすく紹介。

*********たまに更新中*********

タグ:バラク・オバマ

この時期に、なぜか出てきたオバマ 「オバマ」と聞いただけで、ぷっと笑ってしまうくらいに、最近では「無視されている」あの人なんですが…人一倍「自分大好き」なあの人は、やはり、「注目されないこと」には、そんなに長いこと耐えられなかったみたいです。 Obama Injec ...

トランプがターンブルに電話で文句を言った「難民引き受けの件」とは トランプの当選が決まってから、自分の任期が切れるまでの2ヶ月ちょっとの期間、オバマがやっていたことは、ひたすら、もうひたすらトランプの足を引っ張って、辞任させるか、弾劾に持ち込んでクビにする ...

オバマの迷惑な置き土産 オバマの「置き土産」は、どうやら、「アレ」だけではなかったようです笑。 そうそう、ISISと言えば、トヨタ車↑ですよね。 ワシントンポスト誌が伝えた「オバマ政権がトランプ政権に引き継いだとされる内容」について、スティーブ・バノンが運営 ...

それでどうしてリベラルなのか オバマがリベラルな大統領だったなんていうのは、へそで茶が沸くくらいにおかしな話…。 ↓2016年にアメリカが爆撃をした国。だそうです。 7つの国、合計で26,171発を撃ちこんだそうですよ。 すごい殺意ですねえ。 白人の国がひとつもない ...

ハックじゃくて、リーク? Stunning Admission From Obama On Wikileaks | PopularResistance.Org Obama refers to “The DNC emails that were leaked”. Note “leaked” and not “hacked”. オバマが「リークされた民主党eメール」と言った。「リーク」であって、「 ...

大統領執務室をマイナーリフォーム 小ネタです。 まーあれですよね、不動産物件というのは、新築でない限りは、やはり、前の住人の気配って、どうしても残っていますよね。 特に、大統領執務室とか、そういうのは、伝統の物件だから、前の住人の気配をゼロにしたいと思っても ...

伝統の置き手紙 さて、会場の外では、阿鼻叫喚だったらしいトランプの就任式も、無事に終わったようで。 CNNが期待していたようなこと(過去記事:CNNが究極の嫌がらせで「就任式で大統領が暗殺された場合のシナリオ」を放出)は、起こらなくて、よかったな、と。 スピーチの ...

元CIA局員の「ロシアハッキング疑惑」への見解 さて、英語ジャーナリズムの世界では、「陰謀論」に分類されている有名人というのが、何人もいますが、その中には、突飛なことを言えば言うほど売れる的なうさんくさい人から、志が高いかもしれない人まで、いろいろいます。 だ ...

オバマの引退後の豪邸は、グレートウォールで囲まれ さて、前にも触れたように、オバマは、任期終了後もワシントンD.C.にとどまり、下の娘のサーシャと一緒に暮らしつつ、「回顧録」を執筆する予定だという。 …奥さんのミシェルとは、数年前から不仲が噂され…だからまあ ...

ネタニエフに汚職疑惑 ちょっと気になるニュースがあるんですが。 (イスラエル法務長官が、首相のベンジャミン・ネタニエフの捜査を命令 Israel's Attorney General 'orders criminal investigation into Prime Minister Benjamin Netanyahu') 年末からの動きのようですが、 ...

とどまるところを知らないオバマの自画自賛 (オバマ「われわれは8年間で、ものすごく進歩した」) さて、このところの、オバマの「自画自賛」は、度を超していると思うんですが、まあこれなんかも、ほんのその一部。 土曜日の定例会見での声明だったというんですが、かいつ ...

プーチンのうっちゃりで、勝負あった さて、どうしても「トランプはロシアのハッキングで勝ったんだ」ということにしたいという、暴走オバマの年末の発狂でもって、ロシアへの「制裁」が発表され、ロシア側も、外相のラブロフが、同じようなことで報復をすると発表したばかり ...

キチガイオバマを止める人が誰もいないアメリカ さて、「大統領なのに粗末にされた」ことで、すっかりメンタルを病み、怪物化したオバマの暴走は、誰も止める人がいないため笑、こんなところまで来てしまっている。 朴さんのように、とっくに弾劾をして、権限をはく奪されて ...

オバマの暴走は止まらず さて、メンタル病みのオバマの暴走は、止まるどころかエスカレート中の模様笑。 まあ、ほとんどの日本イグアナのみなさんは、こういうふうに思っている。 「アメリカは、確かに人使いが荒い親分だけど、なんだかんだ言って、取りあえず方針は間違っ ...

オバマ政権を総括し、トランプ政権の可能性を探る さて、前にも紹介した、カナダのインディペンデント誌のGlobal Research誌ですが、ここに、オバマ政権の総括と、トランプ政権の是非についての、なかなか的を得た評論(The Good That Trump Could Do. Breaking the Grip of ...

就任もしていないのに国連動議を潰したトランプ さて、大統領に就任していないトランプが、国連決議に介入して潰した件、ですが、ちょっと触れておきます。 これについては、BBCの日本語版で、直訳ぽい記事があるので、西側メディアがどう伝えているかという意味で、参考に ...

中国側は さて、ロシア大使がトルコで暗殺の件ですが、Global Times誌に、後追い記事が出ていますね。 中国の学者が新華社に書いた記事の転載なので、おおむね、中国政府の公的姿勢というふうに見てもいいと思います。 中国は、今回の件では、基本的には「第三者」なので、そ ...

戦争に引きずり込んで、オバマに続けてやらせるため? さて、前の記事(過去記事:年末にやらかした自衛隊~脳内はすでに戦争中、中国機にデコイ弾発射で挑発~)の続きになりますが、安倍普三が「この時期」に、自衛隊を使って中国と戦争をしようとしている理由について、面 ...

オバマが任期切れ寸前になってグチをこぼす はい、任期も秒読み状態となり、透明人間になりつつあるバラク・オバマなんですが、なんと、グチをこぼしたという笑。オバマ:白人からよそ者扱いされていた(Truthrevolt誌より) これは、ファリード・ザカリアショーという、ア ...

トランプが新エアフォースワンの契約にストップ トランプが新エアフォースワンをキャンセル:コストがかかりすぎ(Breitbart誌より) Boeing is building a brand new 747 Air Force One for future presidents, but costs are out of control, more than $4 billion. Cancel ...

アメリカの保守派が「オバマは最低」と思う理由とは さて、お騒がせのトランプに注目が集まる中、どんどん透明人間化しているオバマなんですが、もともと、その不人気ぶりは、国内外で、ハンパなく観察されていました。 前にも言ったように、オバマが大歓迎されるなんていう ...

ボブ・ディランがオバマの祝賀会を欠席 ディランがオバマの祝賀会を欠席(Global Times誌より) さて、ボブ・ディランですが、数日前に、ホワイトハウスで開かれた、オバマ主催のノーベル受賞者祝賀会に、欠席したそうです。 もちろん、すっぽかしたとかではなく、事前に欠席 ...

オバマの電話が民主党内に遺恨を残した?オバマは投票日の夜に、敗北宣言をしろと言っていた(The Hill誌より) はい、開票直後の民主党の状況と、最近の「再集計要求の動き」について、いくらかの情報が出てきているようなので、軽くまとめ。 ミシガン、ウィスコンシン ...

大統領選後に激化した弾圧 さて、以前にも紹介したStanding Rock Siouxというアメリカ先住民の件ですが、彼らの居住地や聖地の下にオイルのパイプラインを通すか通さないかというので、先住民側と会社側が対立し、先住民側が最高裁で負けた直後、オバマが介入して、工事の停 ...

オバマ最後の訪独の気持ち悪さ オバマ「スノーデンが裁判に出廷するまで恩赦しない」(Prison Planet誌より) APECの前にドイツに行って、メルケルと2人で「慰め合っていた」という、気色の悪いバラク・オバマなんですが、ついでにドイツのスピーゲル誌のインタビューに答 ...

オバマ政権が、ついに、アルヌスラ掃討を決定 アルヌスラフロント攻撃の口実を得たオバマ「見つけたら殺せ」(Sputnik誌より) ロシア政府系のSputnikが、Washington Post誌が報じているとして拾っていた記事なんですが、アメリカ政府高官の話として、 "President Obama h ...

クリントンが、「当選後に再変節する」ことが前提だった オバマ政権は、TPPを諦めた(Breitbart誌より) はい、ヒラリー・クリントンが、選挙戦終盤になって、突然「TPPに反対する」と言い出したことは、以前に記事にしたんですが(過去記事:ヒラリー・クリントンが「TPPに ...

移民対策、健康保険、雇用が優先事項 大統領選出者ドナルド・トランプは、移民対策、健康保険、雇用が優先事項だと述べる(Breitbart誌) おおー、なんか、雰囲気がすっかり、「大統領」になってきましたね。 後ろには、副大統領のマイク・ペンス、右側には奥さんが見えま ...

オバマ介入でも、まったく決着していなかった はい、ちょっとあんまり突っ込んだ説明はできないんですが、ざっとでも、紹介しておいたほうがいいと思うので、取りあえず、します。 会社側が政府の意向を無視した 前の記事(過去記事:急転直下の政治判断でノースダコタのパ ...

アメリカの病理は、「自警団精神」がすべてを超えるというところにある 前の記事(過去記事:なぜか「革新」になってしまったトランプの政策~大統領選は最終演説へ~)で、「自警団精神」について触れたんですが、もう少し、これについて語ります。 イラク戦争全体が、「自 ...

一度大統領になると、死ぬまで治外法権? アメリカの事情を見ていますと、どうも、「どこにも書いてないけど、どうやらそういう決まり事があるようだ」というものに、気がつくんですが、それは何かというと、「一度大統領になった人は、治外法権になる」ということじゃないで ...

アメリカのドゥテルテサゲは、激化するばかり ドゥテルテが「オバマ地獄へ落ちろ」、アメリカへの不満を爆発(CNN Philippines誌より) はい、話題のフィリピン新大統領ドゥテルテですが、今月下旬には、訪中のあとに、訪日もする予定ですね。 しかしまあ、アメリカの子分で ...

イスラエル元大統領の葬儀の異様さとは 何が驚いたかって、「ペレス」というユダヤ人のお葬式に、世界中の首脳が集まったということですよ。 日本のイグアナのみなさんは、このニュースを、ほとんど気にもしていないでしょう。 本当は、こういうものこそ、気にしなければいけ ...

オバマの出生地疑惑の出所はクリントン陣営だった? クリントン支持者2名がオバマの出生地疑惑に関与していた(McClatchy誌より) これは、どうやら「内輪」では、ものすごい問題のようなんですね。 この場合の「内輪」というのは、アメリカの政界。 だから、ほとんどの日 ...

急転直下の政治判断で工事停止 オバマ政権がノースダコタのパイプライン工事を一時的に停止(Atlantic誌より) パイプライン建設反対デモをする先住民(The Standing Rock Sioux)のみなさんたち はい、前の記事(過去記事:ダコタのアメリカ先住民がパイプライン建設作業に ...

ASEAN会議場でオバマとドゥテルテが激突 オバマとドゥテルテが麻薬戦争を巡って激突(Global Times誌より) はい、フィリピン新大統領とオバマの続編。 事情を知らない人は、フィリピン関係の過去記事を読んでください。 画像はThe Straits Timesより さて、ラオスで開か ...

オバマの名前が新発見の寄生虫の名前に使われる オバマは正式に寄生虫:科学者がワームに命名(Breitbart誌より) はい、どういうことかというと、新発見の寄生虫…英語でflatwormとしてありますが、どう訳すのかわからない。 とにかく、それの正式な名前(学名)に、オバマ ...

ドゥテルテにバカにされたオバマが「会ってやらないぞ」と「脅迫」? フィリピン大統領がオバマをサノバビッチ呼ばわり、オバマは会談をキャンセルするぞと脅す(Breitbart誌より) はい、アメリカに反旗をひるがえした庶民宰相の新大統領ドゥテルテ(フィリピン)なんです ...

オバマのG20到着時に中国とアメリカのスタッフが怒鳴り合う(Breitbart誌より) はい、日本でも「偏向的に報道されている」この件ですが、よい機会だと思って、アメリカ人が集まっているフォーラムで、バカにしてやりました。 まずは、 全世界が自分のテリトリーではない ...

ヒラリー・クリントンは、今さら「TPPに反対する」だってさ ヒラリー・クリントン「アメリカ人の職を奪う貿易協定を阻止する、今はTPPに反対だし、大統領になっても反対する」(Real Clear Politics誌より) ミシガン州での演説で、そういうことを言い出したそうです。 HILL ...

ドナルド・トランプ、オバマを「ISISの創設者」と呼ぶ ドナルド・トランプ、オバマを「ISISの創設者」と呼ぶ(Business Insider UK誌より) 何かと話題のドナルド・トランプですが、フロリダでの演説の中で、オバマを「ISISの創設者」と表現したそうです。 ああそう。 という ...

今度の犯人も、やはり軍隊歴があった USA TODAY:バトンルージュの狙撃犯は、ギャビン・ロング29歳と判明(USA Today誌より) バトンルージュ警察の警官3名を銃撃して殺害した犯人は、カンザス市(ミズーリ州)在住のギャビン・ロング29歳、黒人男性、2008年の夏から8 ...

テキサス州ダラスで、なんと「計画的な警官狙撃事件」発生 昨日の事件ですが、アメリカテキサス州のダラスで、黒人の抗議デモ中(非武装の黒人2名が警官に射殺された件)に、警官(白人警官のみがターゲット)が狙撃され(Prison Planet誌より)、そのうち5人が死亡、ほ ...

↑このページのトップヘ

PVアクセスランキング にほんブログ村