脱ガラパゴス~海外ニュースななめ読み~

わりとレアな海外ニュース(英語)を、独断と偏見でピックアップ。
固い話から柔らかい話まで、独自の視点で、なるべくわかりやすく紹介。

*********たまに更新中*********

タグ:メルケル

メルケルが、全力で難民申請者を送り返す さて、トランプ就任後は、「リベラル派の最後の砦」のように称えられている、ドイツ首相のメルケルなんですが。 …実際にやっていることは、そういう「表の理想像」とは、だいぶ違うみたいなんですよ。 German Chancellor Angela ...

メルケルの再選を控え、進むドイツのリベラルファシズム さて、メルケル独裁のもと、言論弾圧が進むドイツでは、以前から、Facebookがやり玉にあげられていたんですが、ザッカーバーグは、全面的に白旗を上げ、メルケル政権へのフル協力をすることにしたらしい。 この記事 ...

2017年も移民とテロ 2017年も、やはり、移民とテロなんですね。 移民とテロ、これで暮れた2016年が、それで明けたと。 スペインの国境では、警察と移民のシビアな戦いが行われているとか、トラックテロ犯のアムリにやすやすと侵入されていたイタリアでは、不法滞在者の一斉摘 ...

ドイツ人が新しい差別語を作り出した さて、ドイツでは、またまた移民関係のごたごたが起きているようです。 ドイツのDW誌というのは、前から言っているように、リベラル誌で、おおむねは、メルケルの方針に沿ったことを言っていますね。 入れ代わり立ち代わり、「リベラルな ...

アムリの写真公開を拒否したハンブルク当局 さて、イタリアで射殺されたベルリントラックテロ犯のアニス・アムリについてですが、警察の捜査の関係で、ちょっとおかしな話が出てきました。 ドイツの政治家が、差別を防ぐため、犯人の写真公開を阻止した German Politician ...

ベルリントラックテロ犯はイタリアで射殺された さて、ベルリントラックテロ犯と疑われているアニス・アムリですが、イタリアで射殺されました。 日本のメディアでも、報道がされていますが、英語のメディアのほうが詳しいと思うので、まとめておきます。 昨日の時点までの英 ...

イスラム教徒の少女がドイツ大統領との握手を拒否 イスラム教徒の少女がドイツ大統領との握手を拒否(Breitbart誌より) さて、このニュースは、ベルリントラックテロが起きるよりも前のニュースなんですが、ちょっと紹介しておきます。 ドイツの大統領は、ヨアヒム・ガウ ...

トラックテロ犯は逃走中 さて、ベルリンのトラックテロなんですが、当初の報道とは違う展開になっているようです。 たぶん、ここが一番詳しいかも。記事公開後に、逐一アップデートもされて、新情報が付け加えられているようです。 Live Berlin terror attack: Tunisian sus ...

ベルリンのショッピングモールでトラックテロ↑画像はTown Hall誌より さて、またしても、テロのニュースが。 今度は、ドイツのベルリンですね。 クリスマスのプレゼント客を狙って、トラックを暴走させ、20人を殺害、50人程度が負傷と。 …例の、フランスのニースの花火 ...

「ドイツを見習え」と言われ続けたが さて、日本イグアナのみなさんは、たぶん、「ドイツはすごい」とか、「ドイツは偉い」とか、漠然とでも思っている人が、多いんじゃないかと思います。 原発のこともそうですが、戦後の「歴史認識の歩み」とか、そっちのほうでも、外国人 ...

4選を目指すメルケルが、移民対策を強硬路線へ? アンジェラ・メルケルが、「ドイツ国内で法的に可能なすべての場所におけるブルカ禁止」を求める(Independent誌より) この前の「オバマ最後の訪独」では(過去記事:オバマ最後の訪独で「スノーデンの恩赦はしない」メル ...

「進歩的」な北欧人の移民観 実は最近、フィンランドの人に、「移民」についての意見を聞いてみたんです。 それがけっこう面白いので、記録しておきます。 「トルコは、反省するまで孤立させろ」 このときには、その人が、たまたま、EUがトルコのEU加盟についての話し合いを ...

ゼノフォビックなドイツ人たち さて、ドイツ人は、けっこうよそ者に冷たい…し、白人じゃないと冷たい…みたいな話が、最近は、よく出てくるんですが、以前に紹介した、ドイツでの中国人留学生強姦殺害事件(過去記事:続報:ドイツで起こった中国人女子留学生強姦殺害事件 ...

オバマ最後の訪独の気持ち悪さ オバマ「スノーデンが裁判に出廷するまで恩赦しない」(Prison Planet誌より) APECの前にドイツに行って、メルケルと2人で「慰め合っていた」という、気色の悪いバラク・オバマなんですが、ついでにドイツのスピーゲル誌のインタビューに答 ...

メルケルが移民流出食い止めを目指してアフリカ行脚 移民の流れを元からせきとめようと、メルケルがアフリカに向かう(Breitbart誌より) さて、ドイツへの移民を無制限に受け入れるという方針を転換したメルケルなんですが、辞めないのかと思っていたら、どうやら「EUのほ ...

メルケル「イギリスのタダ乗りは許さない」 ドイツのメルケルはイギリスと移民についての警告を改訂(Breitbart誌より) おそらくは、国内からの反発に晒されている最中のメルケルは、イギリスのタダ乗りは許さないということで、国内と、ほかのEU残留国からの批判を、ちょ ...

アンジェラ・メルケル「不法移民を阻止」し、亡命希望者を送り返す Uターン:アンジェラ・メルケル「不法移民を阻止」し、亡命希望者を送り返す(Breitbart誌より) はい、おそらくは、史上稀な「厚顔無恥な無責任政治家」のうちの一人となった、メルケルです。 今回、ウィ ...

メルケルがついに移民政策の誤りを認める メルケルが「オープンドア政策」の誤りを認める(Breitbart誌より) はい、メルケルがついに折れたそうで、私としては、ちょっと意外だなというか。 ドイツ人は、そうそう「雰囲気」などには、流されないのではないかと思っていま ...

チェコでメルケルの暗殺未遂車列に割り込もうとした武装した男がブラハで逮捕され、メルケルへの暗殺が危惧される(Mirror誌より) ドイツの首相のアンジェラ・メルケルへの暗殺計画があった…様子です。 メルケルは、チェコを訪問していたんですが、空港からプラハへ向かう ...

↑このページのトップヘ

PVアクセスランキング にほんブログ村