脱ガラパゴス~海外ニュースななめ読み~

わりとレアな海外ニュース(英語)を、独断と偏見でピックアップ。
固い話から柔らかい話まで、独自の視点で、なるべくわかりやすく紹介。

*********たまに更新中*********

タグ:朴槿恵

朝鮮半島情勢関係のニュース2本。 トランプのアルマダ艦隊は、どこへ… アルマダというのは、無敵艦隊のことを言いますね。 古くは、スペインの無敵艦隊を指したようですが、それくらいにすごい「海軍部隊」ということだろうと思います。 今回、どうしてそのアルマダが出て ...

逆に振れたトランプは「毒を食らわば皿まで状態」 さて、ネオコンに追い詰められて、白旗を上げて降参したトランプは、「毒を食らわば皿まで状態」です。 ロシアとの関係を改善して、中東の戦争をなんとかマシな状態にするという公約でもって、大統領になったくせに、逆のこ ...

「東アジアの一大事」は、一大事ではないかのように見せられている さて、現在の東アジアで、最大の懸念事項とは、なんでしょうか。 それは…安倍夫妻の不祥事でもなく、籠池という人が国家資産を独り占めにしてトクをしたかどうかということでも、なく、どっかの旅行会社 ...

潘基文の国連での「業績」とは 潘基文さんというのは、一部では、ものすごく評判が悪い人のようです。 一部というのは…つまり…アメリカ一強主義、アメリカの帝国主義、アメリカの戦争に、反対している人たち、かな。 Ban Ki-moon: Requiem for a UN ‘Yes Man’ | Global ...

ソウルの裁判所が慰安婦合意の交渉文書開示を命令 これは、日本では報道されないかもしれないので。 画像はロイターより 釜山のほうの慰安婦像だそうです。S.Korean court orders gov't to disclose documents on sex slavery agreement with Japan - Global Timesdiv.embedl ...

どうなる韓国次期大統領 さて、朴槿恵大統領の弾劾、辞職決定によって、風雲急を告げる韓国の政界ですが、中国政府は、冷静に観察している模様で、時期大統領の件が、どういうふうになっていきそうかとか、そういうことについても、非常に客観的に、分析をしていますね。 Glo ...

ロッキード事件化へ? 韓国のタイクーンが引きずり出される(Global Times誌より) これが、朴さんなんだそうですが…似ているか…微妙かな… さて、特殊日本イグアナが大注目している韓国の大統領汚職疑惑の件なんですが…なんかちょっと、意外な方向に展開してきましたね ...

盛り上がる「朴槿恵辞めろデモ」 中国紙(もちろん政府が運営)は、韓国の件をどういうふうに伝えているかというと、まあわりと冷静に、突き放した感じなんでしょうかね。 中国側は、トルコのエルドガンの「シリアに宣戦布告?」の件などは、ついに「完全スルー」をしたよう ...

韓国初の「任期を全うしなかった大統領」に? さて、日韓軍事機密共有協定(GSOMIA)を慌てて結んで、ほっとした朴さんは、おもむろに、辞任してもいいと表明。 …そういうふうに見るべきなんです。 これをやったから、辞任を表明できた、これをやるまでは、どうしても辞めら ...

「日本は反省してないからダメ」 韓国国民の3分の2が日本との軍事協定に反対(Global Times誌より) 画像はロイターより はい、前の記事で書いた(過去記事:日韓が「軍事情報に関する包括的保全協定」への調印を合意~ネトウヨは発狂せよ~)ように、クビが危なくなって ...

「韓国とは、絶対に戦争をしない」という意味である 日韓が、反対を押し切り「軍事情報に関する包括的保全協定」への調印を合意(Global Times誌より) はい、これって…ものすごいニュースのはずなんですが、日本のメディアは、どっか、報道しているところって、ありますか ...

セヌリ党が解党か分離? スキャンダルを受け、多数の与党議員が解党に同意(Global Times誌より) はい、1987年以来の大規模なデモが起きたという韓国では、与党の数十名が、解党を提案しているそうですね。 …なるほど。与党と言っても、人数としては、「多数」ではなくな ...

「親友」の帰国、謝罪、逮捕は、何を意味するのか 朴槿恵さんのスキャンダルは、意外にもですが、「親友」の帰国、謝罪という方向へ発展していますね。 これが何を意味するのか。 始まりは、7月だった ともかく、この話のスタート地点は、実は、前の記事(過去記事:今わか ...

中国仕掛け説も保留 前の記事(過去記事:今わかったはずがない「朴槿恵の汚職疑惑」が、なぜ今出てくるのか)の補足になりますが、いろいろ考えてみたら、場合によっては、今回の暴露が、「THAAD粉砕に結びつく可能性」もあると思うので、「中国仕掛け説」も、現段階では、 ...

今わかったはずがない「朴槿恵大統領の汚職疑惑」が、なぜ今出てくるのか さて、日本のメディアでは、異常な盛り上がりを見せている「朴槿恵大統領の汚職疑惑」なんですが。 韓国の「改革者」が、己の汚職でぬかるみに South Korean ‘new broom’ mired in own clump of cor ...

激しい反対運動で、THAADの配置先を変更… 韓国がTHAADの配備位置を変更(Global Times誌より) はい、これまでも書いているんですが、韓国では、朴槿恵さんが、なぜだか急に気が変わって、国民への説明も合意もないまま、勝手にTHAADみたいな高価な買い物をしてしまったと ...

朝鮮半島の非核化へ向けた具体的な条件の提示 アメリカが先に譲歩するべき(Global Times誌より) Global Times誌というのは、中国政府が運営している新聞というかマガジンなので、その社説というのは、無署名でただ「社説」としてある場合もあったりして、署名がある場合も ...

なんとなく影が薄かった朴大統領 さて、フィリピン大統領のドゥテルテと、アメリカのオバマの激突があったラオスのASEANサミットですが、私がちょっと気になったのは、韓国の朴槿恵さんでした。 まあ、私以外にも、朴槿恵さんのことが気になって仕方がないという人は、いっ ...

「THAADは国民を守る」と強気の朴槿恵大統領 「THAADは国民を守る」と朴槿恵大統領(Korea JoongAng Daily誌より) さて、今月初めに配置が決定された、韓国のTHAADミサイルなんですが、前にも書いたように、国民には事後承諾で、説明に行った首相が卵を投げられるなどして ...

↑このページのトップヘ

PVアクセスランキング にほんブログ村